Yahoo!ウォレットでバーコードを使った実店舗でのスマホ決済機能を6月から提供!公共料金、税金のバーコード決済が近日可能に!ポイント還元もあり!

Pocket

ヤフーは28日、決済サービス「Yahoo!ウォレット」に、バーコードを使ってスマートフォンから決済できる機能を追加すると発表した。

払込票に記載されたバーコードを読み取り、自宅にいながら税金・公共料金を支払える「税金・公共料金のバーコード決済」が4月から提供される。

さらに、6月からは実店舗での利用にも対応していく。

今までWeb決済のみに対応していた「Yahoo!ウォレット」が、アプリを入れておくだけで実店舗でも利用可能になる。

実店舗でのバーコード決済方式は以下の2通りで、バーコード、QRコードの両方に対応する。

  • 「Yahoo!JAPAN」アプリでバーコードを表示し、店舗の端末やレジに読み取ってもらう「みせる」決済(6月開始予定)
  • 店舗側に表示されるバーコードを、「Yahoo!JAPAN」アプリで読み取る「よみとる」決済(今秋開始予定)

なお、4月に開始される「税金・公共料金のバーコード決済」は、全国150以上の自治体を対象としており、支払える税金・公共料金の種類は自治体によって異なる。

対象の自治体はYahoo!ウォレットの公式ページより確認可能だ。

デビットカードとしても、クレジットカードとしても使える

Yahoo!ウォレットは、従来スマートフォンを使ったWeb決済サービス。

口座数はこれまでに4000万を超えている。

支払い方法は、現在までに以下の4種類が提供されている。

  • クレジットカード
  • Yahoo!マネー
  • 預金払い
  • Yahoo! JAPAN指定銀行(ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行)

特徴的なのは、ヤフオク!やYahoo!ショッピングで支払う際、デビットカードのように口座から即時代金が引き落とされる「預金払い」。

そのほか、ヤフーが提供するYahoo!マネーは、支払いで1%のTポイントが獲得できる電子マネーだ。

上記の預金払いは、Yahoo!マネーのチャージに利用できる。

クレジットカードを登録して使ってもいいし、預金払いでデビットカードのように使うことも可能で、幅広いニーズに対応しているのがメリットだ。

今までは「ヤフオク!」や「Yahoo!ショッピング」など、Webサービスでしか使うことができなかった。

また、ヤフオク!の落札代金や、サービス利用で発生した報酬をスムーズに受け取ることができることもあり、実質Yahoo!のサービス専用ウォレットという位置づけだった。

つまり、ヤフオクやYahoo!ショッピングを使わないのであれば、使い道はあまりなかったと言える。

しかし、今後は実店舗で決済できる場所が増えるにしたがって、非常に便利な決済システムへと進化を遂げることが予想される。

Yahoo!マネーで1%還元

なお、「税金・公共料金のバーコード決済」は、上記のうちYahoo!マネーのみに対応している。

クレジットカードには対応していないものの、Yahoo!マネーで支払うことで家にいながら、かつ1%の還元を受けながら公共料金支払いができるのは大きなメリットだろう。

ちなみに、LINE Payでも公共料金支払いが開始しているが、LINE Payは5月いっぱいで2%還元を廃止し、新たなポイントプログラムを開始すると発表している。

内容次第では、Yahoo!ウォレットが還元率が優れている…ということも期待できる。

還元率1%のYahoo!ウォレット。

果たしてQRコード、バーコード決済でどの程度の範囲の店で決済ができるように整備されるのか。

Pocket