PASMOに新たなポイントサービス「メトロポイントクラブ」が誕生!乗車するだけで簡単にポイントが貯まってお得!

Pocket

東京メトロは1日、PASMOを利用した「メトロポイントクラブ(メトポ)」サービスを3月24日(土)9時から開始すると発表した。

PASMOを使って東京メトロに乗車するだけで、運賃や電子マネーとして使えるポイントが還元されるようになる。(※定期券・規格兼区間内は対象外)

なお、今まではPASMO機能付きクレジットカード「ANA To Me CARD PASMO」や「To Me CARD Prime」などで有名な「To Me CARD」会員にのみ「メトロポイントPlus」が提供されていた。

「メトロポイントクラブ」は、ポイントプログラムのサービス対象をPASMO一般利用者に広げた形となる。

本サービス開始後も「メトロポイントクラブPlus」は引き続き提供され、対象のクレジットカード利用者は両ポイントを二重で得ることが可能。(※別サービス扱いのため、ポイントの合算はできない)

メトロポイントは10ポイント=10円換算で、ポイントをそのままPASMOにチャージできる。

また、1日1回乗車ごとに「デイリーポイント」として3ポイント、土日祝日の場合はデイリーポイントに加えて「ホリデーポイント」として4ポイントが加算され計7ポイントを獲得可能だ。

上記に加えて1ヶ月間に10回乗るごとに10ポイントが進呈されるボーナスもある。

定期圏内でポイントが付かないのはネックだが、乗るだけでポイントが貰えるのでお得感がある。

さらに、2018年春には朝のラッシュを迎える時間帯以外で乗車することで、「オフピークポイント」も獲得できるようになる予定だ。

なお、「メトロポイントクラブ」の開始にあたって、3月24日(土)~5月31(木)の期間に登録し、2回以上PASMOで乗車すると、もれなく500ポイントが進呈されるキャンペーンも開催される。

登録方法はメトロポイントクラブのWebサイト、または入会申込書の郵送で事前登録してから、東京メトロ各駅の券売機で本登録を行う仕組み。

事前登録サイトは3月24日の9時から開始するので、サービスが始まったら忘れずに登録しておきたい。

「メトロポイントPlus」と併用で獲得ポイントアップ!

前述のとおり、従来の「メトロポイントPlus」と新しい「メトロポイントクラブ」はそれぞれ独立したサービスだ。共通する点は以下のとおり。

  • 東京メトロ乗車時にポイントが貯まる
  • 平日、土休日で獲得ポイントが変化
  • 定期券・企画券区間内の乗車はポイント進呈対象外

2つのサービスで異なる部分は、ポイント獲得シーンや還元率だ。

前述の通り、「メトロポイントクラブ」は平日3ポイント、土休日は追加で4ポイント、月10回乗車ごとに10ポイント獲得できる。

一方、「メトロポイントPlus」は、カードのランクに応じて平日2~20ポイント、土休日6~40ポイントが獲得可能だ。

さらに、ポイント獲得シーンは「メトロポイントクラブ」は乗車時のみだが、「メトロポイントPlus」は指定の自販機や店舗で電子マネー利用することでも1~2ポイント貯めることができる。

加えて、定期券購入時も1000円につき5ポイント貯めることが可能だ。

つまり、「メトロポイントPlus」のポイント獲得シーンや機能を絞り、対象者を広げたのが今回の「メトロポイントクラブ」の特徴と言える。

また、「To Me CARD」会員は、乗車時に両方のポイントを獲得できるため、還元率が増大していると言える。

特に、「To Me CARD ゴールド」は、メトロポイントクラブと併用すれば平日乗車で23円分の還元、休日になると乗車で47円分も還元される計算になる。

これからPASMO、および東京メトロを利用する際には意識してポイントを貯めていきたいところだ。

休日の外出、平日の寄り道に最適

東京メトロに乗車するだけで貯まる「メトロポイント」は、ポイントが獲得できるシーンが多い。

休日に遊びに行く場合に東京メトロを経由する、平日仕事・学校終わりに寄り道する際など、「乗るだけ」でポイントが貰えるのでお得だ。

ただ、同じく関東で普及している「Suica」の存在は無視できない。

オートチャージによるポイント還元率が高く、電子マネーでの買い物でポイントが貯まる。

さらに、モバイル対応しているなどPASMOにはないメリットがあるためだ。

しかし、PASMOも総合的な還元率ではSuicaに迫るようになった。

今後は東京メトロおよびPASMOを利用するメリットは大きくなっていくだろう。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る