ドコモ「d払い」4月開始!実店舗で初の「電話料金合算払い」が可能に!

Pocket

2018年1月17日、株式会社NTTドコモは実店舗での新たなスマホ決済サービス「d払い」を2018年4月に開始予定と発表した。

「d払い」を利用することで、スマホで「クレジットカード払い」「携帯料金合算払い」が可能になる。

実店舗で「携帯料金合算払い」が可能になるのは国内初。これにより、すでにキャッシュレス決済サービスとして先行している「楽天ペイ」「LINE pay」などと明確な差別化が図られているのが特徴だ。

ドコモユーザーにとっては、実店舗での決済手段として新たに「携帯料金合算払い」という選択肢ができたことになる。

ユーザー側で事前の申し込みは不要で、d払い専用アプリをダウンロードし設定するだけで、利用できるようになる手軽さも魅力だ。

また、d払いは「dポイント」が200円につき1ポイント加算される。貯めたdポイントは、AmazonやYahoo!ショッピングなどで利用できる。

ドコモはWeb上で幅広いユーザーに利用されている「携帯料金合算払い」を実店舗でも使えるようにすることで、さらなるキャッシュレス化を促進していく狙いだ。

現在、ローンチ時には10社(19,000店舗)での取扱いを予定しており、早期に100,000店舗以上に拡大していくと発表している。

なお、d払いの開始にあたり、従来の決済サービスである「dケータイ払いプラス®」は、サービス名称が「d払い」へと変更される。サービス内容に変更はなく、引き続きネットでの買い物で「dポイント」が、100円(税込)につき1ポイント進呈される。

dポイントの利用先が拡大

d払いは、各店舗の決済端末で「d払いアプリ」に表示されたバーコードかQRコードを読み取ることで買い物ができる仕組み。利用可能な加盟店は、1月下旬時点で以下のとおりだ。

  • ローソン
  • マツモトキヨシ
  • サツドラ
  • ツルハドラッグ
  • 高島屋
  • UNITED ARROWS
  • URBAN RESEARCH
  • koe
  • ウェルシア
  • タワーレコード

加盟店側のメリットとして、「d払い」を各店舗に導入するには、タブレット端末と専用アプリを用意するだけでいいという点が挙げられ、導入コストの低さをもとにした早期のサービス展開が予想できる。

もともと「dケータイ払いプラス®」を利用していたユーザーにとっては、「d払い」が実店舗で使えるようになったことで、よりdポイントを貯めやすく、使いやすくなったと言える。

進むキャッスレス化

「d払い」の登場により、ドコモユーザーにとっては実店舗での決済手段として新たに「携帯料金合算払い」という選択肢が増えた。特にクレジットカード決済を敬遠していた層などには、少なからずキャッシュレス化へ踏み切りやすい土壌ができたといえる。

実店舗で利用することによる還元率は0.5%と、他の高還元率クレジットカードと比較して特別高くはない。だが、スマートフォンを用いた支払い方法の選択肢が増えたことで、日々のキャッシュレス化に一役買うと予想される。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る