三菱UFJニコス発行の一部のクレジットカードでギフトカードのポイント交換条件が改悪

Pocket

2017年10月11日、三菱UFJニコスで2018年4月開始予定のポイントプログラムで一部のポイントプログラムのポイント交換商品のうち、ギフトカードとの交換条件が変更されるとの情報が発表された。

交換条件が変更されるのは1050ptと2050ptの交換で、3050pt以上のポイント交換は現在と同じレートが維持される見込み。

三菱UFJニコスはカードに応じて複数のポイントプログラムが用意されており、ポイントプログラムによって、1ptの価値が若干異なっている。

今回の変更は以下のポイントプログラムが対象となっている。

対象のポイントプログラム
MUFGカード グローバルポイント
MUFGカード グローバルポイント(コーポレート)
スヌーピーポイントプログラム
DCハッピープレゼント
わいわいプレゼント
NICOSゴールドポイントプログラム
MUFGカード・アメリカン・エキスプレス®・カード グローバルポイント
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード グローバルポイント

これらをみるとMUFG系のカードと、DCカード、NICOSカードなどが主に対象となるようだ。

ギフトカードへの交換条件

現在
1050pt → 5000円ギフトカード
2050pt → 10,000円ギフトカード

2018年度
850pt → 3000円ギフトカード
1550pt → 6,000円ギフトカード

一見すると改悪なのかどうかわかりづらいが、1ptあたりの価値で比較すると以下のようになる。

現在
1050pt → 4.76円/1pt
2050pt → 4.88円/1pt

2018年度
850pt → 3.53円/1pt
1550pt → 3.87円/1pt

また、以下の3つの交換については引き続き継続される。

3050pt → 15,000円ギフトカード
4050pt → 20,000円ギフトカード
5050pt → 25,000円ギフトカード

ちなみにそれぞれの1ptの価値は以下の通り
3050pt → 4.92円/1pt
4050pt → 4.94円/1pt
5050pt → 4.95円/1pt

1ptあたりの価値を比較すると、3050ptで15,000円のギフトカードに交換するのが効率がよさそうである。

実際にはポイント交換はギフトカードに交換するよりも、キャッシュバックやdポイントなど他のポイントプログラムに移行する方が1ptの価値が高い場合もある。

ポイントプログラムごとで最適な交換方法を選びたい所である。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。 大人のクレジットカード編集部について詳しく見る