三井住友カードが「Booking.comカード」の会員募集を開始。国内・海外の宿泊施設でポイントが貯まる!

Pocket

 

2017年4月26日、三井住友カード株式会社とブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社が提携して発行された「Booking.comカード」の会員募集が開始された。ブッキング・ドットコムは、世界最大のオンライン宿泊予約サイト。同サイトのユーザー向けクレジットカードの発行は、日本国内では今回が初の取り組み。

同カードの入会・年会費は無料で、国際ブランドはVISAのみ。利用金額100円につき1ポイントの「Booking.comカードキャッシュバックポイント」が貯まる。ポイントは、支払い翌月にキャッシュバックされ、1ポイント1円として利用できる。

カードの特典には、カードの利用額に対して1%のポイント還元、専用サイトからの予約で現地でのカード決済時に5%のポイント還元のほか、2,500万円までの海外・国内旅行損害保険、先着5万名に上級会員であるGenius会員へのアップグレードが可能になる申込コードのプレゼントがある。

宿泊予約にこだわったブッキング・ドットコム。日本語サポートも便利

ブッキング・ドットコムは、実店舗の旅行代理店を持たないオンライン旅行会社(OTA)のひとつ。OTAとして知られるサービスとして、日本では、株式会社リクルートライフスタイルが運営する日本最大級の宿泊予約サイト「じゃらん」、海外では、アメリカのワシントン州発祥で、ダイナミックパッケージの予約サイトとして最大規模の「エクスペディア」などがある。

ブッキング・ドットコムの特徴として「宿泊施設に特化している」ことが挙げられる。ホテル・旅館はもちろん、ゲストハウスなど、国内・海外で115万件以上の宿泊施設を幅広く取り扱っているため「泊まる場所にこだわりたい」「予算や目的に応じて宿泊先を選びたい」という人におすすめだ。24時間体制の日本語のサポートセンターがあるなど、海外旅行に不慣れな人も利用しやすい。

「Booking.comカード」で決済をすれば、賢くポイントを貯められる

宿泊先を予約していても、仕事や家族の予定、体調不良などで、予約していた日に宿泊できなくなってしまうことは少なくない。先払い方式の場合、プランによっては予約後の取り消しが不可というケースもあるなど、スケジュールを変更しにくいという面もある。

ブッキング・ドットコムは現地決済が基本のため「宿泊日程を変更したい」「予約したが行けなくなった」などの場合でも、直前までキャンセル料がかからないことが多い。予約手数料もかからないため、急なスケジュール変更にも対応しやすい。

「Booking.comカード」では宿泊するごとにポイントが貯まるため、ホテルや旅館を利用する機会が多い人は、貯まったポイントを使って安く宿泊できるようになるため、入会して損はない。国内・海外旅行が好きな人、宿泊を伴う出張の機会が多いクレカユーザーにおすすめのカードだ。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。