マクドナルド、2017年下半期よりクレカ決済が可能に。Suicaなどの交通系電子マネーもOK!

Pocket

日本マクドナルド株式会社は、各店舗での会計時に、クレジットカード・電子マネー決済を導入することを2017年3月21日に発表した。対象となるのは全国2900店舗のマクドナルドで、今年下半期から実施予定。

現在、マクドナルドでは現金の支払い以外に、電子マネーの「iD」「WAON」「楽天Edy」で決済ができる。今回は日本マクドナルド株式会社が三井住友カードと提携したことで、クレジットカード決済が可能となった。利用可能なブランドは、VISA・Mastercard・JCB・ダイナース・ディスカバー・アメリカンエキスプレス。

交通系電子マネーは、「Suica」「PASMO」「nanaco」などの9種類が利用可能なほか、携帯電話などのNFC搭載機器を端末にかざして決済する「Visa payWave」「Mastercard(R) コンタクトレス」などのNFC決済も利用できる。また、新たに電子マネー「QUICPay+」も使えるようになる。

今回の決定を受け、各店舗にクレジットカード・電子マネー等に対応したマルチ決済端末「キャッシュレス・オール・イン・ワンデバイス」を導入予定。会計の際、顧客はクレジットカードを端末に差しこんで暗証番号を入力、交通系電子マネーの場合はカードを近くにかざすなど、ひとつの端末で複数の決済方法が可能。

クレジットカード決済可能で店舗の利便性アップ。国内のキャッシュレス拡大に期待!

全国チェーンの飲食店では、クレジットカードに対応している店舗とそうでない店舗がある。現在、クレジットカード決済が可能な店舗には、ガスト、デニーズ、スターバックス、CoCo壱番屋、すき家などがある。サイゼリヤ、ドトール、吉野家、餃子の王将などは、クレジットカード決済は不可となっている。

特に、注文したメニューが素早く提供され、手軽に食事ができるファーストフード店では、支払いもスムーズに行いたいと考える人も多いだろう。今回の導入で、現金の持ち合わせがない時でも利用できるようになり、細かい小銭などを支払う手間もなくなる。

国内のファーストフード店では現在、SUBWAYが一部店舗でクレジットカード決済可能だが、ロッテリア、モスバーガー、ケンタッキー・フライド・チキン、バーガーキングなどでは利用できない。今回の導入を受けて、今後、他のチェーンに広がる可能性も考えられる。

また、今回の導入は、日本を訪れる外国人観光客へ向けたインバウンド需要にも対応している。

JCCAが2014年に訪日外国人を対象として調査した 「観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取り組み」では、外国人が旅行などで日本を訪れた際のクレジットカードの利用環境について、「使いたい場面で使えないことが多いのが不満だった」が37%と、全体で3番目に多い結果となっている。

日本最大手のファーストフードチェーンがクレジットカード決済を導入するという今回のニュースは、国内外のキャッシュレスのニーズとさらなる拡大を意味しているといえるだろう。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。