キャッシュパスポートに2通貨を追加、日本初の9通貨対応に

Pocket

2016年11月15日

トラベレックスジャパン(本社・東京都港区)は2016年11月18日、海外専用プリペイドカードの「マルチカレンシーキャッシュパスポート」にシンガポールドル、香港ドルの2通貨を加えた。

card_cashpassport

これを受け、日本で発行する海外専用トラベルプリペイドカードとしては初の『9通貨』に対応するカードとなった。

シンガポールドル、香港ドルが加わり利便性が向上

キャッシュパスポートとは、出国前に入金すれば渡航先の通貨に対応して決済可能、世界210カ国・地域で利用できるMasterCard対応の国際ATM「Cirrs(シーラス)」で現地通貨を引き出すプリベイトカードだ。

MasterCard加盟店で入金した金額内であればクレジットカードのように決済できるため、近年クレジットカードの代わりやサブカードとして注目を集めている。

【トラベレックス・キャッシュパスポートの対応通貨】(通貨コード)

  • 日本円(JPY)
  • 米ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • 英ポンド(GBP)
  • オーストラリアドル(AUD)
  • ニュージーランドドル(NZD)
  • カナダドル(CAD)
  • シンガポールドル(SGD)
  • 香港ドル(HKD)

キャッシュパスポート1枚で9通貨の利用が可能になり、より多くの国・地域での海外出張や旅行、留学などの長期滞在でも便利に。加えて、年間残高上限を100万円引き上げて200万円にし、カード内で通貨を移動する際に適用される為替レートも引き下げた。この結果、利便性と機動力がアップした。

マルチカレンシーキャッシュパスポート2通貨追加記念

トラベレックスジャパンでは、今回の2通貨追加を記念し、キャンペーンを開始した。申し込み者全員にもれなく初回入金手数料無料キャンペーン(外貨建てのみ)を実施。入金額の1%を2016年12月31日までの期間限定で無料にする。対象はトラベレックス直営店での申し込みで、10,000円以上の入金が対象になる。

【トラベレックス】
設立:1976年12月、英国・ロンドンの両替店からスタート
店舗:世界の国際空港・主要都市に1,500店舗以上の両替店を持つ
ATM :世界に1,250台以上
提携:銀行、旅行会社などが外貨両替の提携で100カ国・地域で20,000カ所以上
通貨:外貨両替サービスは33通貨を取り扱っている
国内:76店舗の外貨両替専門店(2016年10月現在)

キャッシュパスポートは、トラベラーズチェックの安全性とクレジットカードのような利便性を兼ね備えた海外旅行の新たな決済アイテムだ。入会審査もないため、クレジットカードのような年齢制限(高校生を除く18歳以上など)がない。このため、海外留学では、高校生以下の若年層にも対応できる決済システムとして、注目されている。

Pocket