ETC/JCB法人ゴールドカード ETC一体型法人クレジットカードで高速道路で得する!充実の保険とサービス付

Pocket

ETC/JCBゴールド法人 J-Smart対応版

【期間限定キャンペーン!】
もれなく最大5,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
オンライン入会なら初年度年会費無料
さらに、抽選で10,000円キャッシュバック!
期間:2018年9月30日まで

  • 新規入会:3,000円分プレゼント
  • 使用者追加:2,000円分プレゼント
  • 携帯電話・公共料金の支払い:抽選で10,000円プレゼント
メリット

  • ETC一体型ゴールドカード
  • 海外旅行傷害保険最高1億円
  • ショッピングガード保険最高500万円(国内/海外)
  • 全国の空港ラウンジ利用可能
デメリット

  • ETC以外で使用する場合は、端末のカードを抜き差しする必要があり面倒
  • 年会費が1万円発生(但し、初年度年会費無料)

公式サイトを見る

5秒でチェックする!カードの特徴

ETC一体型カードでポイントも貯まる

このカードはJCB法人カードでは唯一ETCカードが一体型となったクレジットカードである。その他の法人カードでもETCカードを追加カードとして発行することは可能だが、カードが増えることが煩わしい方であれば、一体型を選ぶとよいだろう。

国内・海外旅行傷害保険が他より高い

国内は最高5000万円、海外は最高1億円の旅行傷害保険が付帯している。

さまざまな法人カードでも1億円の補償が付帯しているカードは珍しく、JCB以外ではプラチナカードレベルの補償と言える。

しかも自動付帯なので、クレジットカードの利用がなくても適用されるのも注目したい。

ショッピングガード保険も他より高い

国内/海外ともにショッピングガード保険が最高500万円まで付帯している。購入した商品の偶発的な故障や盗難を補償してくれる。

サービスや空港ラウンジは他のゴールドカードと同等のサービスが付いている

ゴールドカードなので、当然空港ラウンジは使える。その他にもゴールドカードとしてほしいサービスが充実している。

保険

JCB法人ゴールドカードとJCB法人一般カードの大きな違いは補償金額はもちろんのこと、適用条件が利用付帯ではなく自動付帯となっている点だろう。

利用付帯では航空券や鉄道のチケットを購入することで保険が適用となるが、自動付帯ではチケットを購入しなくても保険が適用される。

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険は自動付帯

「搭乗する公共乗用具」または「参加する募集型企画旅行」中の事故に対してカードの利用がなくても保険が適用される。

傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院日額 5,000円
手術 入院日額×倍率
(10倍、20倍または40倍)
1事故につき1回限度
通院日額 2,000円

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険は自動付帯

カードの利用がなくても保険は適用されるが、傷害死亡・後遺障害に関してのみカードの利用がない場合は最高5000万円となる。

特に他人をケガさせたり、他人のものを壊した場合の賠償責任を補償する額の1億円は魅力的だろう。

賠償責任で1億円まで補償しているのは、メジャーな法人カードだと三井住友VISAプラチナ法人カードだけである。

傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 300万円限度
疾病治療費用 300万円限度
賠償責任 1億円限度
携行品損害 100万円限度
救援者費用 400万円限度

国内、海外航空機遅延保険

国内、海外航空機遅延保険もゴールドカードだけで提供されるサービス。

こちらはJCB以外の法人ゴールドカードでも付帯していることも多く、保険金も同じ保険金であることが多い。

こちらも自動付帯なので、チケットをカードで購入していなくても適用される。

乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
2万円限度
出航遅延費用等保険金
(食事代)
2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
4万円限度

ショッピングガード保険

JCBカードで購入された品物を、JCBカードでの購入日から90日間、年間最高500万円まで補償される(1事故につき自己負担額3000円)。

JCB法人一般カードのと比べても国内、海外両方で購入した商品が対象となるのに加え、金額も500万円と大幅に増額している。

サービス

JCB法人会員向けに、業務の効率化、経費削減に役立つ各種サービスが提供されている。また、ゴールドカードユーザー向けに特別のサービスも用意されている。

空港ラウンジサービス

ゴールドカード限定のサービス。国内の主要空港内に加え、ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジが年中無休・無料で利用可能。ドリンクサービスや新聞・雑誌の閲覧などのサービスが利用できる。

ゴルフエントリーサービス

ゴールドカード限定のサービス。全国約1,200ヵ所の有名ゴルフ場のプレー予約を法人デスクで承ります。

法人向け航空券オンライン予約サービス(ANA)

JCB.ANA@desk

法人向け航空券オンライン予約サービス(JAL)

JCB de JAL ONLINE

東海道新幹線チケット手配サービス

JR東海プラスEXサービス

宿泊、出張予約

じゃらんコーポレートサービス

上記以外にもアスクルの法人向けサービスなど、様々なサービスを利用可能。

ポイントシステム

利用1000円ごとに1ポイント(5円相当)のOkiDoki ポイントが付与される。OkiDokiポイントはJCBギフトカードやAmazonギフト券、ディズニーパークチケットと交換することができる。

1年間の利用実績に応じて「JCB STAR MEMBERS」のランクが決定・

年間100万円以上の利用があれば、スターαPLUSランクになり、翌年のOkiDokiポイントが50%もアップする。(翌年還元率0.75%)

ゴールドカードだけのランクとしてロイヤルαPLUSランクが用意されている。こちらは年間300万円以上の利用で適用され、翌年のOkiDokiポイントが60%アップする。(翌年還元率0.8%)

ランク 翌年ポイントアップ率 利用金額
ロイヤルαPLUS 60% 300万円以上
スターαPLUS 50% 100万円以上
スターβPLUS 20% 50万円以上
スターePLUS 10% 30万円以上

海外ではポイント2倍

海外旅行
海外でJCB法人カードを利用するとポイントが2倍貯まるので、還元率はいつでも1.0%貯まる。

豊富なキャンペーン

JCBといえば豊富なキャンペーンが魅力の一つ。一番有名なのはディズニーリゾードのパークチケットが当たるマジカルキャンペーンだろう。

時期によっても異なるがポイントバックや常時数十件のキャンペーンが同時に開催している。

キャンペーンは毎月の利用額に応じて応募口数が決定する。さらに応募口数は「JCB STAR MEMBERS」のランクに応募口数が増える仕組みとなっている。

カード詳細情報

年会費 10,000円(税別)
追加カード 3,000円(税別)
還元率 0.5%~0.8%
海外ではポイント2倍
ブランド logo_jcb
電子マネー なし
ETC 年会費、発行手数料無料
ETC申し込み可能枚数 複数枚の場合は審査により決定
家族カード なし
国内保険 最高5,000万円
海外保険 最高1億円
ショッピングガード保険 国内/海外:500万円
ショッピングガード保険
(補償期間)
購入から90日
ポイント種類 OkiDokiポイント
その他

(発行会社:株式会社ジェーシービー)

公式サイトを見る

入会条件

法人または個人事業主。※カード使用者は18歳以上の方が対象となります。

審査スピード

JCBに必要書類が届いてから2~3週間程

さらにグレードアップするなら

JCB法人プラチナカードならば、利用可能額が150万円以上が約束されており、保険もさらに充実している。

世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスも利用可能。プラチナ・コンシェルジュデスクも利用可能になるのも魅力的である。

こちらのカードの場合はETCは追加カードという形で発行される。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。 大人のクレジットカード編集部について詳しく見る