飲み会、イベントの幹事ならポイントが貯まるクレジットカードを使おう

Pocket

drinking

幹事は大変

会社勤めをしている方なら一度は歓迎会や送別会、新年会に忘年会などの飲み会で幹事を務めたことがあると思う。特に新入社員や2~3年目社員がその取りまとめ役を受け持つことになりがちだ。

そしてこの幹事役こそ大変なことこの上ない。(幹事業務が好きな人は除くが)上司や先輩の好み、出欠の確認、店選び、など考慮すべきことは多い。

そんな大変な仕事にも関わらず、なかなか報われないというのが幹事の印象ではないだろうか。

大変な仕事にはそれなりの見返りがあっても良いのではないかと思う。そこで今回紹介したいのは、飲み会などのイベント時にポイントが貯まりやすいリクルートカードである。

リクルートカードの紹介

リクルートカードは様々なサービスを提供している株式会社リクルートが発行しているクレジットカードだ。
リクルートカード

詳細は同ブログ内でも紹介しているので参考にしていただきたい。

リクルートカード ポイント還元率が2倍以上、国内・海外保険の付帯する欲張りカード

飲み会で使うとどれくらいお得か

リクルートカードの還元率は通常の無料カードで1.2%の還元率である。
これは他のカードと比べても良い還元率だがリクルートが運営する以下のようなサービスを利用することによって更にポイントをプラスできる。

リクルートサービス

グルメ情報サイトHotPepperを例にすると、ネット予約を行うことによって、通常の還元率に加え予約人数分×50ポイントが得られるのだ。

20人の飲み会で支払総額70000円だとすると、

通常ポイント
70000円 × 1.2% = 840ポイント

ネット予約だとさらに
20人 × 50ポイント =1000ポイント

合計:1840ポイントのポイントが付与される。この時の還元率は約2.6%にも達する。

これに加え、特定の店舗・コースでは予約時に得られるポイントが3倍、5倍になる。

運良くこのようなキャンペーンを行っている店舗を予約することが出来れば溜まるポイントは格段に上がる。

ポイント5倍キャンペーンだと、ネット予約ポイントが
1000ポイント × 5倍 = 5,000ポイント
となるので、合計:5840ポイントにもなる

この時の還元率は8.3%にもなる。

リクルートカードプラス

年会費2100円のリクルートプラスカード2%にあがる。先ほどの例で比較すると

通常ポイント
70000円 × 2.0% = 1,400ポイント

ネット予約でポイント5倍のキャンペーンが提供された場合の5,000ポイントを加えると合計は6,400ポイントにもなる。
1ポイント=1円から使えるため、実質6,400円分として利用可能になるのだ。

年間利用額が多く見込めそうな方はこちらの選択肢もおすすめだ。

ポイントの使い方と注意事項

リクルートポイントはリクルートが提供しているサービス(17サイト)内で1ポイント=1円で使用することができ、Pontaポイントに1ポイントから交換も可能だ。

他にもHotpepperなど店舗で使える食事券に100ポイントから交換する事もできる。

ここでポイントの使い方について次の2つの点で注意しておこう。

ひとつ目は、サービスによってはポイント交換の単位が異なるので、最小交換単位のポイントが貯まっているのか注意しておこう。また、「○○ポイントで10%OFFチケットと交換!」などは、ポイント数と割引される金額が見合っているか確認するようにしよう。

ふたつ目の注意点は、ネット予約サービスで3倍、5倍になった分のポイントは同サイト内でしか使えない上に3ヶ月間の有効期限がある。

例えば、5倍サービスの店舗で5000ポイントをもらった場合、1000ポイント(5倍になる前の基本ポイント)はリクルートグループの他のサービスで使える共通ポイントとなり使用期限も無い。

しかし、5倍サービスで増えた分の4000ポイントはホットペッパー内のお食事券として3ヶ月以内に使わないといけない。

期限が短いというデメリットはあるが、多くの店舗を掲載するHotPepperから好きな店舗を探して4000円分の食事券を使えるというメリットは大きいだろう。
リクルートポイントが溜まる他のサービス、旅行サイト じゃらん通販サイト モンパレなどでも概ね上記の例と同様、サイト内で特別に増加するポイントやお試しで貰えるプレゼントポイントは同サイト内でしか使えず期限も短い。

是非リクルートカードプラスを

ここまで年会費無料のリクルートカードと年会費2100円のリクルートカードプラスがあるがおすすめしたいのはリクルートプラスカードだ。

リクルートプラスカードは年会費が発生するものの、ポイント還元率が2.0%とクレジットカードの中でも際立って高く、幹事の役が回ってくることが多い方であれば自然とポイントも溜まりやすいのでおすすめしたい。

年会費有りのカードはちょっと手が出しにくいと思う方もいると思うが、リクルートカードは大体どの時期でも、入会キャンペーンを開催しており、7000~10000ポイントが付く時期に入会すれば、年会費分は十分にペイできる。

1~3年間使って生活環境が変わって幹事をやる機会が減れば、無料カードにするなど見直せばよい。

ウェディング 二次会

リクルートカードは幹事だけではなく、接待や出張、ウェディングや友人の結婚式の2次会、3次会の取りまとめでも活躍してくれる。そのような機会があれば、じゃらんやホットペッパー、ゼクシィーなどを使ってリクルートポイントを高利率で貯めることが出来るリクルートカードプラスは継続利用をお勧めしたいカードのひとつだ。


リクルートカード
リクルートカード

飲食店でさらにポイントアップも

年会費無料で還元率は1.2%還元。飲み会などの幹事で持っておきたい1枚

年会費 還元率 ブランド
無料 1.2% JCB
VISA


リクルートカードプラス
card_recruitcardplus

ついに実現した圧倒的な還元率

リクルートカードの条件もそのままに、ポイント還元率を2.0まで引き上げた限界を突破したカード

年会費 還元率 ブランド
2000円+税 2.0% JCB
VISA

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。