ライフカードCh(有料)とACマスターカードを比較!おすすめなのはどっち?

Pocket
LINEで送る

ライフカードCh(有料)とACマスターカードの比較

クレジットカードの中には独自の審査基準で審査が行われるカードがある。

特に有名なのが、以下の2つのカードだ。

どちらのカードも独自の審査基準を設けており、他社の審査に落ちてしまった人でもチャレンジができるカードとなっている。

ライフカードCh(有料)は、その名の通り年会費がかかるライフカードであるため、「有料版ライフカード」「ライフカード有料」という呼ばれ方をする。

正式名称は「ライフカード(ch)」だ。

本記事では、近い性質を持った上記2つのカードを、申し込み条件、スペック、発行スピード、キャッシングの3つの観点から比較していく。

どちらのカードの特徴が自分にあっているか、よく吟味して申し込むカードを選んでほしい。

ライフカードCh(有料)とACマスターカードの比較

ライフ・マスターカード(Ch) ACマスターカード

申し込み条件で比較

申し込み条件

  • ライフカードCh(有料):日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方
  • ACマスターカード:20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方

ライフカードCh(有料)の公式サイトには、申し込み条件について以下のような記載がある。

日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方

電話連絡が可能な方という条件がつくものの、高校生を除く18歳以上から申し込むことが可能だ。

クレジットカードの申し込み条件の中では、「最低限の条件」だと言える。

一方、ACマスターカードの公式サイトでは、申し込み条件について以下のように記載されている。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

一般的なクレジットカードの申し込み条件と言えるが、「20歳以上」が条件であることに注意が必要だ。

申し込み条件のみで比較した場合、ライフカードCh(有料)に軍配が上がるだろう。

スペックで比較

ライフカードCh(有料)のスペック

  • 年会費:5,000円(税抜)
  • 還元率:0.5%〜3.5%
  • 旅行保険:国内=1,000万円(利用付帯) 国外=2,000万円(自動付帯)
  • ETCカード:有
  • キャンペーン:有
ACマスターカードのスペック

  • 年会費:無料
  • 還元率:0.25%
  • 旅行保険:なし
  • ETCカード:なし
  • キャンペーン:なし

上記のように、主要な項目で2つのカードのスペックを比較してみた。

見ていただければわかる通り、ACマスターカードが優っているのは年会費が無料という点のみだ。

一方、ライフカードCh(有料)は、「有料版ライフカード」「ライフカード有料」という呼ばれ方をするように、年会費は5,000円(税抜)と少々高額になっている。

5,000円(税抜)となれば、他社のゴールカードが持てるレベルの年会費だ。

しかし、年会費以外のスペックではライフカードCh(有料)の方が非常に充実していることがわかる。

ライフカードCh(有料)は、カードの利用1,000円につきLIFEサンクスポイントが1ポイント貯まる。

1ポイント=5円相当のため、還元率にすると0.5%となる。

通常還元率は若干低めではあるが、以下のようなぽいんとアップシステムを搭載している。

  • 誕生月ポイント3倍
  • 初年度ポイント1.5倍
  • L-MALL経由の買い物で2〜10倍のポイント優遇
  • 年間50万円の利用で300Pプレゼント&還元率1.5倍の”スペシャル・ステージ”
  • 年間200万円の利用で還元率2倍の”プレミアム・ステージ”

どのポイントアップも非常に強力なシステムとなっており、最大還元率は3.5%を超える場合もあるほどだ。

また、旅行保険有、ETCカード有、キャンペーン開催有とユーザーの気になる点をきちんと抑えている。

スペックに関してはライフカードCh(有料)の圧勝と言える。

発行スピードで比較

発行スピード

  • ライフカードCh(有料):最短3営業日で発行
  • ACマスターカード:最短即日発行

クレジットカードの発行スピートでは、カードの種類やカード会社ごとに大きく差が出る。

急にクレジットカードが必要になった場合は、発行スピードは決して無視できない要素になるだろう。

ライフカードCh(有料)は最短3営業日で発行と、他社のカード比較しても非常にスピーディーだ。

一方、ACマスターカードは驚異の最短即日発行で、その日のうちにカードを手に入れることが可能となっている。

さらに、ACマスターカードの審査は最短30分で完了し、全国にある自動契約機(むじんくん)で受け取ることが可能だ。

土日祝含む8:00~22:00の間で受け取れるため、すぐにカードが欲しい人にとって非常に便利だ。

ライフカードCh(有料)の発行スピードも決して遅くはないが、ACマスターカードに軍配が上がるだろう。

キャシングで比較

キャシングの有無

  • ライフカードCh(有料):無し
  • ACマスターカード:有り

ライフカードCh(有料)は基本的にキャッシング枠がなく、ショッピング専用カードだ。

基本的にという表現を使ったのは、絶対にキャッシング枠がつかないということではないからだ。

カスタマーセンターに問い合わせたところ、場合によっては付くことがあるそうだ。

ただし、自分からキャッシング枠有りを選ぶことはできないため、「基本的にない」という表現にしている。

一方のACマスターカードにはキャッシング枠がついており、カードローンの機能も一体化となっている。

ショッピングだけではなく、現金がどうしても必要という場合は、ACマスターカードを選択することになる

ライフカードCh(有料)の方がおすすめ

ここまで3つの観点からライフカードCh(有料)とACマスターカードを比較してきた。

以下はそれぞれの比較結果をまとめた一覧表だ。

比較内容 ライフカードCh(有料) ACマスターカード
申し込み条件
スペック ×
発行スピード
キャッシング ×

比較の結果、クレジットカードとしての性能を求めるならば、ライフカードCh(有料)が圧倒的に優勢と言える。

ただし、発行スピードにおいてはACマスターカードが最短即日発行に対応している点は見逃せない。

どうしてもその日のうちにクレジットカードを作りたい場合は、ACマスターカードを選ばざるを得ないということになる。

在籍確認の電話も心配なし

審査を受ける上で不安に思うのが、在籍確認の電話がかかってこないか?という点だろう。

結論から言えば、どちらのカードについても相応の配慮がされているため、特別な心配はいらない

ACマスターカードの場合は、消費者金融のアコムが発行するカードのため、よく知らない人がネガティブなイメージを持つこともあるかもしれない。

その点を踏まえ、アコムではプライバシーに十分に配慮して、カード発行や利用に関する業務を行っている

職場への電話連絡による確認が行われる場合は、「アコム」の名前は出さず、担当者の個人名で電話をかけるようにしている。

また、利用明細の郵送は行わず、アコムのホームページ上で明細を確認するシステムのため、同居する家族などに利用が知られることもない。

ただし、インターネットからの申し込みでカードを郵送にした場合や、インターネットを介さずに郵送で契約を交わす場合などはACサービスセンター名で送られることになっている。

ライフカードCh(有料)についても、必ずかかってくるとは限らないが、電話連絡には以下のような配慮がなされている。

以下は、カスタマーセンターに電話で問い合わせた内容のため、参考にしてほしい。

電話連絡は融通がきく!

  • 電話確認は必ずくるわけではない
  • 申し込みの際にあらかじめ申し出ておけば、時間を指定できる
  • 出られなくても着信通知を見てかけ直せば大丈夫
  • 他の人に出られてもいいように個人名を名乗ってくれる

どちらのカードも在籍確認の電話連絡については心配無用だ。

スペックで選ぶか、発行スピードで選ぶか

ここまでライフカードCh(有料)とACマスターカードの比較をしてきたが、少なからずどちらのカードにもメリット・デメリットが存在する。

一般的なクレジットカードのスペックとしてはライフカードCh(有料)が優秀だが、ACマスターカードには最短即日発行とキャッシングという強みがある

どちらのカードが優れているということは一概には言えないため、自分のクレジットカードの用途や状況によって使い分けることが重要だ。

ちなみに、ライフカードCh(有料)には上位カードのライフカードゴールドが存在する。

年会費は1万円と高額だが、申し込み基準はライフカードCh(有料)と同様だ。

基本的なスペックはライフカードCh(有料)と変わらないが、付帯サービスがさらに強力になる。

ACマスターカードには上位カードは存在しないため、ゴールドカードを持ちたい場合は、ライフゴールドカードにチャレンジしてもいいだろう。

ライフカードCh(有料)

ライフカードCh(有料)

独自の審査基準で圧倒的な審査の通りやすさ!

他社の審査に落ちた人や、支払い遅延の経験がある人でもチャレンジ可能!誕生月はポイント3倍などお得さも兼ね備えている!

年会費 5,000円
還元率 0.5%〜
ポイントの種類 LIFEサンクスポイント
ブランド MasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る