超初心者向け!はじめてのクレジットカードの使い方・利用シーン

Pocket

はじめてクレジットカードを持ったのは良いけれど、どうやって使えば良いか分からないという方のために、初めてでも恥をかかないクレジットカードの使い方を解説したい。

目次

  1. カードを持ったらはじめにすること
  2. シーン別、クレジットカードの使い方
  3. まとめ

カードを持ったらはじめにすること

それはカードの裏面に署名(Signature)することだ。この署名はあなたのカードであることを証明するものになるので、必ず記入しておこう。
署名
(JCB公式サイトより引用)

また、原則として、裏面に署名が書いていないクレジットカードは利用する事が出来ない。クレジットカードが届いたら、まず最初にサインをしておこう。
サインをしない状態で不正利用された場合など、補償の対象外になる場合もあるので注意したい。

店員さんが気付かずに、サインがない場合でもクレジットカードを利用出来ることもあるかもしれないが、店員さんが気づいた場合は、その場でサインするように求められることもある。

恥を書く前に名前をしっかりと書いておこう。

クレジットカードのサインは英語(ローマ字)と感じどちらがいいのか?

サインは英語でも日本語でもOKだ。海外で使用する場合を想定するとパスポートのサインと同一にしておくと安心だろう。
サインはきれいな字よりも個性的なサインの方が良いとされている。

また、これは噂レベルではあるが、「漢字の方が真似されにくいのでいい」というわけではないらしいので、あまり深く考えずにサインしてよいだろう。

4桁の数字のパスワードは絶対に忘れない

クレジットカードには申し込む際にパスワードを設定する項目がある。ICチップ付きのクレジットカードでは、サインではなくパスワードを求められることも多いので、忘れないようにしよう。

最近では、サインをすることよりも、暗証番号を求められることの方が多くなってきている。

シーン別、クレジットカードの使い方

シーン1:お店で使う

クレジットカードの最も一般的な使い方。ショップやレストランなどで支払いの際に「カードでお願いします。」と言えばOK。
自分が持っているカード(VISA、JCBなど)が使えるかどうかは大抵お店の前にこんなシールが張ってあるので、自分のカードが使えるかはお店で確認すれば良い。
クレジットカード比較

表示がない場合は「JCB使えますか?」「カード使えますか?」などと聞けば教えてくれる。

支払い方法

クレジットカードを出せば基本的にOK。支払い方法を聞かれるので、

・1回
・2回 ※ほとんどのカードは2回までは金利手数料無料
・3回以上の分割払い ※これは家電など高額な商品で使うことがある。
・リボ払い ※毎月設定した一定額を支払う方法。

を答えると良いだろう。
レストランなどでは、支払い回数を聞かれないことも多いので、その場合は1回払いにされていると考えて良い。

サインがいる所と要らないところ

支払い方法を指定すると、大抵はサインを求められる。カード裏面と同じサインをしよう。

最近では、大手のスーパーなどでは、例えば「3000円以下はサイン省略」などとしている所もある。そういった場合は、カード使用後サインをする必要はない。

大手の主要なコンビニでは1万円未満の支払いにはサインは不要となっている。

暗証番号を打ち込むところ

ショップやレストランでもサインの代わりに暗証番号を求められることは多い。暗証番号を入れる事以外は普通のサインと同じ流れになる。

シーン2:インターネットで使う

インターネットで使うクレジットカードの誤解

インターネットでクレジットカードを使うと、セキュリティの面から不安という方は多いと思う。しかし、インターネットのクレジットカード決済は普及が進んでいて、インターネット上のサイトでもほとんどの会社はセキュリティに万全に備えている。これは、多くのサイトがクレジットカード決済会社が作成した決済システムを利用しているからだ。

クレジットカードを使うのに不安であれば、アドレスが「https://」で始まっているかどうかを確認すると良い。httpの後に「s」がついているのは、暗号通信をしているという事になる。

ネットショッピングで安心して使えるのか

インターネットで必要な情報は、カードに表示されている氏名、カード番号、有効期限の3つが求められる。

・セキュリティコード
氏名、番号、有効期限以外でセキュリティを高める目的で使用されているのがセキュリティコードだ。セキュリティコードはカード裏面のサイン欄の右上にある3桁のコードだ。
入力を求められたらこれを入力しよう。
セキュリティコード
(JCB公式サイトより引用)

クイックペイ(電子マネー)でピッとタッチで買う。

クイックペイは、後払い型の電子マネーでPASMOやSUICAの様に端末にタッチするだけで使用出来る。PASMOなどの交通系電子マネーと大きく違う点は、事前チャージが不要で、使用した分はすべてクレジットカードの利用として後から引き落とされる点だ。もちろんサインは不要だ。
QUICPay

シーン3:他にもこんな所で使える

クレジットカードの利用シーンは広がっている。

きっぷ売り場で定期券を買う

最近では定期券なども自動券売機でクレジットカードを利用して購入出来る。端末にカードを入れ、暗証番号を入力しよう。毎月の定期代もクレジットカードで購入してポイントを貯めよう。
自動券売機

見せて優待を受ける

ショップやレストランでは、カードを見せるだけで優待を受けられるところも少ないくない。「見せるだけ」で優待を受けられるのではEPOSカードなどが有名だ。
カードを見せるだけで、食事代や利用金額が割引になる。

他にも、提携カードでは提携先のサービスが優遇される。優待が受けられるカードかどうか細かくチェックしておこう。

飛行機のラウンジで

クレジットカードと言えば、やはり空港でのラウンジ利用だろう。一般カードでは恩恵を受けることが少ないが、ゴールドカードやプラチナカードを持っていれば、世界中のラウンジを無料、又は通常より安い金額で利用する事が出来る。

まとめ

これらの様にクレジットカードの利用シーンはますます広がっている。まだ、使い慣れていない人も、少しずつ使いながら、様々な利用シーンで使ってみると良いだろう。また、見せるだけという優待も多いので、細かく優待内容をチェックするといいだろう。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。 大人のクレジットカード編集部について詳しく見る