クレジットカードと電子マネーを活用した賢い生活術!キャッシュレス社会に向けて

Pocket
LINEで送る

cashless
今、世界では、クレジットカードや電子マネーなど非現金での決済が主流となる、キャッシュレス化が進んでいる。

キャッシュレス社会では、消費者は便利かつお得に決済を行うことができ、事業者は売上管理を効率化できる。

また、盗難・ひったくりのリスク低減や、偽造通貨の排除などがメリットとなって、キャッシュレス化が進んでいる国もある。

日本は先進国に比べ、キャッシュレス決済比率がまだまだ低い。

しかし、訪日外国人客の増加や、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、国を挙げてキャッシュレス社会への取り組みが始まっている。

本記事では、キャッシュレス化のメリットと、世界と日本のキャッシュレス化の現状を解説する。

さらに、キャッシュレス決済として主流のクレジットカード・電子マネーそれぞれのお得な使い方についても紹介する。

キャッシュレス化のメリット

キャッシュレス社会とは、決済に現金(キャッシュ)を使用せず、クレジットカードや電子マネーなど現金以外の支払い方法が主流の社会のこと。

キャッシュレス社会は、支払いを行う消費者、決済を導入する事業者、そして国全体としてもメリットがある。

消費者のメリット

キャッシュレス社会における消費者のメリットとしては、まず、現金を持ち歩かなくて済み、利便性が高いということがあげられる。

完全なキャッシュレス社会では、財布要らずで、クレジットカードやスマートフォンがあれば十分だ。

現金と違って何らかの利用履歴が残るため、家計の管理も楽になる。

ポイント還元特典などを活用することで、利便性だけでなく、お得さがあるケースも多い。

また、盗難・ひったくりなどのリスクを低減できるという点もメリットだ。

これは、海外旅行時にクレジットカードの利用が勧められる理由のひとつでもある。

事業者のメリット

キャッシュレス社会における事業者のメリットとしては、売上管理を効率化できるという点がある。

また、日本ではあまりないが、貨幣の偽造が多発している国・地域では、キャッシュレス決済により偽造通貨を排除できることも大きい。

国全体のメリット

国全体で考えると、キャッシュレス化が進むことで、現金を製造するための材料費や人件費などのコストを抑制できる。

加えて、キャッシュレス決済は取引履歴が全て記録されるので、脱税や裏金といった不透明なお金の動きの抑止・監視にもなる。

世界のキャッシュレス化

韓国
今、世界ではキャッシュレス化が進んでいる。

その中でも、キャッシュレス社会の先進国が、韓国だ。

経済産業省の調査によると、2016年時点での韓国のキャッシュレス決済比率は96.4%となっており、もはや現金の方が少数派となっている。

アジアでは中国でも急速にキャッシュレス化が進んでおり、キャッシュレス決済比率は60%

中国では、かつて大量の偽札の流通があり、安心・安全な決済を求め、キャッシュレス決済が急速に普及することとなった。

ヨーロッパでは、ロンドンオリンピックを契機とし、イギリスでキャッシュレス化が進んでいる。

政府主導でデビットカードの普及が促進され、キャッシュレス決済比率は68.7%となっている。

また、スウェーデンでは、銀行の約56%で現金が取り扱われておらず、露店でさえ「現金お断り」と掲示された店舗が多い。

政府の政策として、現金を取り扱わない店舗に優遇処置を与えたこともあり、キャッシュレス決済比率は51.5%とキャッシュレス化が進んでいる。

他の国のキャッシュレス決済比率も、フランスは40.0%、オーストラリアは59.1%、カナダは56.4%、アメリカは46.0%と、先進国諸国ではキャッシュレス化が進んでいることがわかる。

日本のキャッシュレス化の遅れ

世界でキャッシュレス化が進むのに対し、日本のキャッシュレス化は遅れている。

日本のキャッシュレス決済比率は19.8%(2016年時点)で、諸外国に比べると極めて低比率だ。

原因として、日本では現金の信用度が高いことや、現金を持ち歩くリスクが低いこと、クレジットカードの加盟店手数料が高いことなどが挙げられる。

ただ、世界でキャッシュレス化が進む中で、今後、現金決済を主流とすることのデメリットは大きくなっていく。

まず考えられるのが、インバウンドの拡大、そして2020年に東京五輪の開催を控え、増加する訪日外国人客への対応だ。

今の日本の状況では、キャッシュレス決済を主流とする訪日外国人の決済方法のニーズに十分に応えられず、経済的な損失は大きい。

また、経済産業省のデータによると、現金決済のインフラの維持には年間1兆円のコストが発生しているという。

貨幣の製造費に始まり、ATM設置費、銀行や店舗などで現金を取り扱う人件費などが、コストとして挙げられる。

中でも、少子高齢化が加速し、労働人口の減少が避けられない状況の日本において、人件費は見逃せない課題だ。

日本のキャッシュレス化の取り組み

日本の取り組み
世界のキャッシュレス化と日本の遅れ。そして2020年の東京五輪に向けて、現在、日本でもキャッシュレス化促進の取り組みがなされている。

2018年4月、経済産業省が「キャッシュレス・ビジョン」というキャッシュレス社会を目指す提言を発表した。

その内容は、大阪・関西万博が開催される2025年までに、キャッシュレス決済比率を現状の約20%から40%にまで引き上げるというものだ。

主要商業施設や観光スポットにおけるクレジットカード対応化100%、決済端末のIC対応化100%といった目標を掲げ、各店舗や企業に働きかけている。

また、Amazonを始めとするインターネット通販の普及により、日本人にも以前よりクレジットカード決済は身近なものとなっている。

利用者が積極的にキャッシュレス決済を選択することも、キャッシュレス化の促進に必要だ。

クレジットカードの賢い活用法

クレジットカード
キャッシュレス決済の促進の一環として、クレジットカードを活用したお得な生活術を紹介しよう。

クレジットカードの大半は、支払金額に対して一定のポイントが付与される仕組みとなっている。

ポイントが付与される割合を「ポイント還元率」と言い、カードによって還元率の設定は異なる。

例えば、ポイント還元率が0.5%であれば、10万円の買い物に対して5,000円分のポイント、1.0%であれば10,000円分のポイントが付与される。

ポイント還元率が高ければ高いほど、お得に買い物を楽しむことができるのだ。

特定の店舗や交通機関などを利用することで、ポイント還元率が大幅に増加するカードも存在する。

自分の生活圏やライフスタイルに応じたクレジットカードを選ぶことで、効率的にポイントを貯めることができるだろう。

また、クレジットカードの多くは、光熱費や家賃、携帯電話料金、インターネット関連費、国民年金など毎月発生する固定費の支払いにも利用できる。

それによりポイントが貯まるクレジットカードもあるので、この点もクレジットカード選びの参考にしたい。

日々の買い物から月々の固定費までクレジットカードで支払うことで、ポイント付与により数十万円以上お得になることもある。

さらに、貯めたポイントの使い道も重要だ。

豪華な景品との交換や、他のポイント・マイルとの交換、ポイントをそのまま割引として利用できるなど、使い道もクレジットカードによって様々。

貯めたポイントで何をしたいかも、カード選びの基準となるだろう

ポイントの他にも、対象の店舗でカードを利用あるいは呈示するだけで割引などの優待を受けられるクレジットカードもある。

電子マネーの賢い活用法

電子マネー
SuicaWAON、iDなど様々な種類がある電子マネー。

クレジットカード同様、使い方次第で非常にお得になる。

まず、事前にチャージが必要な先払い型の電子マネーを「プリペイド型」と言い、代表的なものとしてWAON、楽天Edy、Suicaなどがある

プリペイド型は、事前にチャージした額までしか使えないので、使い過ぎの心配もなく、子どもに持たせても安心だ。

紛失時の残高保証がある電子マネーもある。

次に、クレジットカードの利用枠内で使える後払い型の電子マネーを「ポストペイ型」と言い、代表的なものとしてiD、QuicPayなどがある。

事前チャージの必要がないため利便性が高く、チャージ残高を気にする必要がない。

そして、電子マネーの支払いにクレジットカードを紐づけることで、クレジットカードのポイントと電子マネー利用時のポイントの二重取りができることも多い。

クレジットカードと電子マネーを上手く組み合わせることで、ポイントを効率的に獲得することができるのだ。

キャッシュレス社会でお得に買い物を

世界の先進国では当たり前となっているキャッシュレス社会。

日本でも経済産業省を中心にキャッシュレス化への取り組みがなされており、クレジットカードや電子マネーが利用できる店舗は今後増加するだろう。

今まで現金払いを行っていたという人も、キャッシュレス決済に慣れると、その利便性になくてはならないものとなるだろう。

また、クレジットカードや電子マネーは、使い方次第で得ができる。

まず、日々の買い物から月々の固定費まで、クレジットカードや電子マネーを利用することで、効率的にポイントを獲得しよう。

貯まったポイントは、ほしい商品やポイント・マイルに交換できる。

以上のように、キャッシュレス決済によるメリットは大きい。

来るべきキャッシュレス社会に向けて、今からクレジットカードや電子マネーを賢く使いこなしていこう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る