アメリカでのクレジットカード支払い方法、使い方の注意点

Pocket
LINEで送る

アメリカ

アメリカは世界でも有数のクレジットカード大国だ。

その背景としては、クレジットカードヒストリーの重視やリスク回避、加盟店舗数の多さなどがあげられる。

旅行や留学でアメリカを訪れる際もクレジットカードは欠かせない

クレジットカードは身分証代わりになることもあり、キャッシングで簡単に現地通貨を引き出せる点も便利だ。

ただし、アメリカで車を利用する際、セルフ式ガソリンスタンドでは日本で発行されたクレジットカードが使えないことがあるので要注意だ。

アメリカで使えるクレジットカードとしては、国際ブランドのVISA、それに次いでマスターカードも使える店が多い。

一方、高級店ではアメックスがあると安心で、日本人観光客が多いエリアではJCBも使えることが多い。

また、クレジットカードは1枚だけでなく、異なる国際ブランドのカードを1枚ずつ、計2枚は持っておくと安心だ。

これは、国際ブランドによって使えない店があり、カードや端末の不良、利用限度額、盗難・紛失などの理由からだ。

本記事では、アメリカのクレジットカード事情を詳しく解説した上で、アメリカで使えるカードとおすすめのカードを紹介する。

アメリカのクレジットカード事情

アメリカは「クレジットカード大国」と呼ばれ、クレジットカードの利用率が圧倒的に高い

その背景として、次のような事情がある。

クレジットヒストリーの重要性

クレジットヒストリーとは、信用取引(お金の貸し借り)の履歴のこと。

住宅ローンやマイカーローンだけでなく、クレジットカードでの買い物もクレジットヒストリーの対象となる。

アメリカでは、住宅や車ローンなど高額融資を受けるローンでは、良好なクレジットヒストリーが必要だ。

そして、クレジットヒストリーを簡単に積み上げることができるのが、クレジットカードでのショッピングなのだ。

リスク回避のために

日本に暮らしているとあまり感じないが、アメリカでは次のようなリスク回避のため、クレジットカードを利用する人も少なくない。

偽札防止

日本では、100円程度の買物に1万円札を出しても普通に会計をしてもらえる。

しかしアメリカでは、>1ドルの買物に100ドル紙幣で支払おうとしても、まず受け付けてもらえない。

これは高額紙幣に多い偽札を警戒しての対応だ。

クレジットカード利用は、店舗側・利用者側双方の偽札防止策となるのだ。

盗難の被害を防ぐ

エリアにもよるが、日本に比べるとアメリカの治安は良くはない。

そのため、財布の盗難にあう可能性も日本より高く、盗まれた現金はまず返ってこない。

しかし、クレジットカードであれば利用停止措置をとることで、不正利用を回避できる。

最小限の現金のみを持ち、基本はクレジットカードでの支払いにすることで、万が一盗難に遭ったときの被害を最小限にできるのだ。

利用できる店舗が多い

アメリカではクレジットカードを利用できる店舗の数が日本よりもはるかに多く、現金を持ち歩かなくても生活できるほどだ。

日本では日常の買い物は現金払いで高額商品はカード払いと使い分けている人も多い。

しかしアメリカでは、コーヒー1杯飲むのにもカード払いにするくらいだ。

旅行にクレジットカードは必須

アメリカでクレジットカード利用が主流なのは前述の通りだが、アメリカに旅行に行く際もクレジットカードは必須と言える。

その理由として、前述の点に加え、次のような背景がある。

カードが保証金代わり

アメリカ、とりわけニューヨークのホテルでは、デポジット(保証金)制度が根強い。

万が一に備えて、ホテルが宿泊者から徴収する補償金だが、問題がなければもちろん返却される。

チェックインの際、通常の宿泊料金とは別に1泊分の料金をデポジットとしてホテルに預ける。

その際、クレジットカードを持っていれば現金を用意することなくデポジットを預けられるのだ。

ホテル以外に、レンタカー業界でもデポジットを採用している会社もある。

利用限度額に注意

注意したいのが、デポジットにクレジットカードを利用する場合、十分な利用限度額が必要ということ。

上限額ギリギリの状態だと、利用を拒否されるケースもある。

海外渡航前に利用上限枠を上げることは可能なので、事前にクレジットカード会社に連絡しておこう。

ATMでのキャッシングの方が安い

海外旅行で両替をするとき、両替場所や方法によっては手数料を高く取られてしまう。

アメリカの場合、JFK空港や街中の両替所は便利だが通貨レートは悪く、手数料も多く取られてしまう。

一方、街中の銀行ならばレートも手数料もお得だが、利便性は決して良くない。

そこで、クレジットカードを利用してATMで現地通貨を引き出せるキャッシングがおすすめだ。

ニューヨークの街中にある銀行ATMならば、為替レートは両替所ほど悪くない。

また、両替手数料も日本のカード会社から徴収される100円~200円程度だ(現地の銀行でもATM手数料を徴収する場合がある)。

クレジットカードが使えない場所

アメリカ旅行で車の利用を考えている人は、セルフ式ガソリンスタンドの支払方法には注意したい。

アメリカ国内の多くのセルフ式ガソリンスタンドでは、不正利用防止のためカード登録住所の5ケタの郵便番号の入力を求められる。

この際、日本の5ケタの郵便番号を入力しても認証できないため、以下の方法で給油することになる。

  • 使用したいポンプ番号を覚える
  • 店内スタッフに「フィル・アップ・ナンバー3」(フィル・アップは満タンの意味)と給油する金額を伝えクレジットカード決済をする。
    (満タンに十分な金額を伝えればよい)
  • ID(パスポートなど)の預かりを要求されたら、それも預ける
  • ポンプに戻って給油量のゲージがゼロになったことを確認する
  • 給油する
  • 店内に戻り、リファンド(返金)処理をしてもらう

支払い金額分の給油が完了したらそのまま出発すればよい。

返金が必要な場合、レジに再度戻ってリファンド(返金)処理をしてもらうことでお釣りが戻ってくる。

クレジットカードを使っていない場合は、現金で返金される。

使える国際ブランドとカードの種類

アメリカでは、以下の5大国際ブランドすべてが使用可能である。

  • VISA
  • Mastercard(マスターカード)
  • JCB
  • Diners Club(ダイナース)
  • American Express(アメックス)

ただし、国際ブランドによって加盟店の数や使いやすい場所、使いやすさは異なる

VISAとマスターカードが使いやすい

アメリカ国内でもっとも加盟店舗が多く、使いやすいのはVISAだ。

また、かつては「VISAはアメリカ、マスターカードはヨーロッパ」と言われていたが、現在はマスターカードもアメリカ国内で加盟店舗数が増え、使いやすくなっている。

アメックスの位置づけ

以前はアメリカであってもアメリカンエキスプレスが使えない店舗が多かったが、現在は加盟店舗数は増えつつある。

ただし、VISAやマスターカードよりも一般店舗での普及率が低く、高級店舗のほうが使える場所が多い

日本ではアメックスブランドのカードを「ステータスカード」として捉えるが、それはアメリカでも同じだ。

また、アメリカの高級ホテルや高級レストランなどでは、ある程度のステータスカードでないと利用できないケースもある。

JCBの普及は限定的

JCBは日本発のクレジットカードブランド。

そのため、ハワイ、ニューヨーク、ロサンゼルスなど、日本人観光客が多く訪れる場所はほぼ問題なく利用可能だ。

しかし、それ以外の地方都市では普及率が低く、使えないことが多い。

アメックスとJCBは加盟店を相互に開放しているが、アメリカは対象外となっているため、アメリカのアメックス加盟店ではJCBは使えない

JCBは7大国際ブランドのひとつであるディスカバーカードとも加盟店の相互開放を実施しており、アメリカのディスカバー加盟店ではJCBを利用できる

2枚持ちがおすすめ

アメリカ旅行に限らず、海外旅行ではクレジットカードの2枚持ちがおすすめだ。

前述の通り、クレジットカードは国際ブランドによって加盟店舗数や使いやすいエリアが異なる

そのため、異なる国際ブランドのカードを1枚ずつ持っておけば、1枚の国際ブランドが使えなくてももう1枚は使えるという可能性が高い。

また、カードの磁気不良や端末との相性などで一時的にカードが使えないということもあり得る。

あるいは、1枚のカードが利用限度額に達してしまったり、盗難・紛失に遭ってしまったりしたとしても、もう1枚カードがあれば安心だ。

2枚カードを持つ場合は、同じ財布や場所ではなく、別々に保管することをおすすめする。

デビットカードの利用も多い

日本のクレジットカードは1回払いが基本だが、アメリカのクレジットカードはリボ払いが主流だ。

リボ払いとは支払残高にかかわらず、毎月一定金額の返済をするという支払い方法。

毎月の返済額は抑えられるが、その分返済期間が延びて、利息の支払いが高額になるというデメリットがある。

これを防ぐために、アメリカではデビットカード機能付きのクレジットカードの普及率が高まっている。

デビットカードは銀行口座と紐づいており、カード利用の際に即座に銀行口座から利用分が引き落とされる。

そのため、口座の残高分しかデビットカードを利用できず、使い過ぎを防げるのだ。

アメリカで使えるおすすめカード

最後に、アメリカで使えるおすすめのクレジットカードを紹介しよう。

アメックスグリーン

まずは、アメックスブランドでもっとも馴染みのある「アメックスグリーンカード」である。

、本来ならばブラックカードを持てそうな、かの大富豪のビル・ゲイツやウォーレン・バフェットも、「あえて」持っているほどのカードである。

つまり、アメックスグリーンカードには必要にして十分な機能が備わっており、コストパフォーマンスも高い
のだ。

空港ラウンジが同伴者も無料、予約手配デスクの対応の良さ、旅行保険の充実など、旅行関連の補償の充実ぶりには目を見張るものがある。

そして、ステータ面ではVISAやMastercardのをしのぐ

特にアメリカでは、カードのステータスで人を判断する場合もあるため、より良いサービスを受けたいなら必須である。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

充実のサービスと安心の補償を手に入れられる贅沢なカード

クレジットカードに最低限必要な機能はすべて備えており、プラスαのサービスが付帯している究極の一般クレジットカード。グリーンの次はゴールドカードを。

年会費初年度無料
2年目以降:12,000円(税抜)
還元率0.5%
旅行保険国内・海外:最高5,000万円(利用付帯)
国際ブランドアメックス
アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトを見る
アメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

三井住友VISAカード

日本最初のVISAカードとして有名な「三井住友VISAカード」も、アメリカ旅行では欠かせない。

三井住友VISAカード会員は、「世界のお得なお店ガイド」を利用可能で、ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコやラスベガスなどのお店が掲載されている。

ガイド内のクーポンを使って三井住友VISAカードで支払うと、優待特典を受けられる

特に、3か月以上のアメリカ長期留学者におすすめなのが、三井住友VISAカードクラシックの海外旅行保険の裏技だ。

三井住友VISAカードの海外旅行保険の適用開始日は、「海外で交通費を支払った時点」から適用される。

他のカードで90日間の海外旅行保険を利用し、それが切れるタイミングで三井住友VISAクラシックカードを使用し、現地交通費を支払えばさらに90日間の保険適用を受けられる

合計で180日程度の有効期間があるので、半年程度の留学ならば十分に対応可能だ。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40
Pocket
LINEで送る