AmazonカードとAmazonゴールドカードはどちらがお得!?最得頂上決戦がついに決着

Pocket

アマゾン

「Amazon Mastercard クラシック」(以下「Amazonカード」)「Amazon Mastercardゴールド」(以下「Amazonゴールドカード」)は、大手通販サイトAmazon.co.jp(以下「Amazon」)での買い物がお得になるクレジットカードだ。

カードフェイスにはAmazonのダンボールがデザインされており、印象に残っている人も多いだろう。

いずれも通常のポイント還元率が1.0%と高還元であることに加え、Amazonでのポイント還元率はさらに高くなる

入会を検討しているAmazonユーザーも多いと思うが、一体どちらがお得なのだろうか。年会費とポイント還元率、特典を踏まえて比較してみた。

また、Amazonでの買い物がお得になる他のカードも合わせて比較してみる。

カード利用でAmazonポイントが貯まる

AmazonカードとAmazonゴールドカードを比較する前に、前提として、カードの利用に応じて貯まるポイントについて説明しておきたい。

AmazonカードとAmazonゴールドカードでは、いずれもカードの利用に応じてAmazonポイントが貯まる。

Amazonポイントは1ポイント=1円相当として、Amazonでの買い物に利用できる。

有効期限は1年間だが、新たにカードを利用して買い物をした場合や、Amazonポイントが追加された場合は、1年間更新されるため、半永久的にポイントを貯めておくことができる。

また、Amazonポイントは、自動的にカードに紐づいたアカウントに加算されるため、交換忘れなどの心配がない。

Amazonカードとゴールドカードの比較

ここからは、AmazonカードとAmazonゴールドカードについて、年会費とポイント還元率、その他の特典についてそれぞれ解説した上で、どちらがお得なのかを考える。

高還元率のAmazonカード

Amazonカード

Amazonカードは、Amazonを年1回以上は必ず利用するという人であれば、持っておいて損のないカードだ。

年会費

Amazonカードの年会費は初年度無料で、年1回以上のカード利用で翌年度の年会費も無料になる(利用がない場合は1,350円(税込))。

また、通常入会特典としてAmazonポイント5,000ポイントがプレゼントされる。

ポイント還元率

ポイント還元率は、以下のように、AmazonとAmazon以外での利用、またAmazonプライム会員かそうでないかで違ってくる。いずれにしても高還元率だ。

  • Amazonでの利用→Amazonプライム会員:2%/Amazonプライム会員以外:1.5%
  • Amazon以外での利用→1.0%

特に、既にAmazonプライム会員で、他に集中してポイントを貯めているカードがない場合は、とりあえずこのAmazonカードを持っておくと良いだろう。

保険・申込条件

その他、旅行保険は付帯していないが、ショッピング補償は年間最高100万円(自己負担:1事故につき3,000円)となっている。

申込条件は満18歳以上(高校生は除く、未成年は親権者の同意が必要)となっており、申込のハードルが低いカードだ。

Amazon MasterCardクラシック

Amazonカード

Amazonユーザーにお得!プライム会員はさらに高還元率

カード利用によりAmazonの買い物に利用できるポイントが貯まる。Amazonでの買い物は還元率1.5%、プライム会員は2.0%と高還元率。

年会費初年度無料
2年目以降:1,250円(税抜)
年1回の利用で翌年無料
還元率1.0%~1.5%
電子マネーiD、Apple Pay
ブランドMasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

高還元率&特典充実のAmazonゴールド

アマゾンマスターカードゴールド

Amazonゴールドカード最大の特徴は、「Amazonプライム特典を使い放題」という点だ。

ただ、年会費がそれなりにするので、本当にお得かどうか、Amazonの利用状況と合わせて考える必要がある。

年会費

Amazonゴールドカードの年会費は10,800円(税込)だが、次の方法で年会費を4,320円(税込)まで下げることができる。

  • 「マイ・ペイすリボ」登録と年に1回以上のカード利用で年会費半額
  • 「カードご利用代金WEB明細書サービス」利用で年会費が1,080円(税込)割引

ただ、リボ払いはあまりおすすめできないので、「カードご利用代金WEB明細書サービス」のみ利用すると、年会費は9,720円(税込)となる。

ポイント還元率

ポイント還元率は、Amazonでの利用で2.5%、それ以外の利用は1%となっており、Amazonの利用が非常にお得だ。

プライム特典使い放題

Amazonプライム特典は、Amazonの有料会員サービス。通常は年会費3,900円(税込)もしくは月額400円(税込)で、次のサービスを利用できる。

  • 配送特典:お急ぎ便、日時指定が無料
  • Prime Now:専用アプリで1時間以内の配送
  • Amazonファミリー:おむつが定期おトク便で15%OFF、その他特典あり
  • Amazon Dash Button:ワンプッシュで商品注文
  • Amazonパントリー:食品・日用品など低価格帯の商品を390円/箱で配送
  • Amazonフレッシュ:生鮮食品・グルメ・日用品などまとめて配送(対象エリアのみ)
  • 会員限定先行タイムセール
  • プライム・ビデオ:見放題
  • Prime Reading:読み放題
  • サプライム・フォト:無制限フォトストレージ
  • Prime Music:100万曲以上聴き放題
  • Amazon Music Unlimited:特別価格月額780円で4,000万曲以上が聴き放題
  • Kindleオーナーライブラリー:Kindle電子書籍またはFireタブレット所有者は、対象のKindle本から好きなタイトルを毎月1冊無料で利用できる

Amazonゴールドカード会員は、カードに入会すると、追加料金不要でプライム特典が使い放題となる(ただし、以下の例外がある)。

  • Amazonパントリー:Box1箱につき390円(税込)
  • Prime Now(プライム・ナウ):配送料890円(税込)
  • Amazonフレッシュ:月額500円(税込)

カードに申し込んだ時点ですでにプライム会員の場合は、支払い済みのAmazonプライム会費のうち未使用期間分は返金される。

保険・申込条件

旅行保険は、国内・海外とも最高5,000万円(利用付帯)が付帯している。

また、ショッピング補償が年間最高300万円(自己負担:1事故につき3,000円)となっている。

申込条件は、原則として20歳以上の安定した収入がある人。

Amazon MasterCardゴールド

アマゾンマスターカードゴールド

Amazonでさらに高還元!ヘビーユーザーにおすすめ

カード入会でAmazonプライム特典が使い放題になる。通常の還元率が1.0%、Amazon利用では2.5%とさらに高還元率で、Amazonのヘビーユーザーにとってお得なカード。

年会費10,000円(税抜)
条件により割引あり
還元率1.0%~2.5%
電子マネーiD、Apple Pay
旅行保険国内・国外:最高5,000万円
(自動付帯:1,000万円、利用付帯:4,000万円)
ブランドMasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

結局どちらがお得か

AmazonカードとAmazonゴールドカード、結局どちらがお得なのだろうか。2つのカードの違いは次の点だ。

  • 年会費
  • Amazonの買い物をする際のポイント還元率
  • 旅行保険の有無
  • ショッピング保険の補償金額

年会費では、実質無料のAmazonカードの方が良いが、その他の点では、Amazonゴールドカードの方が充実しており、良いように思える。

さらに細かく見ていくと、どちらのカードがお得になるかは、Amazonの利用頻度によって変わることが分かる。

年会費と還元率から考えるお得になる利用額

Amazonカードは年会費が実質無料、Amazonゴールドカードは通常10,800円(税込)で、「カードご利用代金WEB明細書サービス」を利用すると9,720円(税込)になる。

Amazonゴールドカードは、Amazon利用でのポイント還元率が1.5%なので、Amazonで年間388,800円分の買い物をすれば、ポイントで年会費分の元が取れ、Amazonプライム特典を無料で利用できている計算になる。

月毎にすると32,400円。Amazonのヘビーユーザーで月々4万円弱の利用がある人は、Amazonゴールドカードで得をすることができる。

では、Amazonカードで年間388,800円を使った場合はどうか。

Amazonカードのポイント還元率は、Amazonでの利用の場合、Amazonプライム会員が2%、Amazonプライム会員以外が1.5%となっている。

Amazonプライム会員以外だと、年間388,800円の利用で、5,832ポイントが貯まる。Amazonプライム会員では7,776ポイントだ。

1ポイントは1円相当で、Amazonプライム会員の年会費は3,900円(税込)だ。

Amazonゴールドカードでは、この他、Amazonカードにはない国内・海外の旅行保険が付帯している。

また、ショッピング保険の補償額が、Amazonカードでは年間最高100万円だが、ゴールドカードでは年間最高300万円となる。

これらの点も踏まえて考えると、年間388,800円の利用で、Amazonカードとゴールドカードのお得度はだいたい同じぐらいなのではないか。

さらに、年間388,800円以上、およそ40万円以上のAmazon利用がある場合は、ゴールドカードの方がお得になる。

申込当日から利用可能

Amazonカードとゴールドカード両方にある便利なサービスとして「即時審査サービス」というものがある。

これは、Amazonカード・ゴールドカードが正式に発行されるまでの間、「Amazonテンポラリーカード」という仮のカードを即時発行してもらえるというサービスだ。

これにより、申込当日から、Amazonでカードを利用することができ、ポイントを貯められる。

即時審査サービスの利用条件は次の通り。

  • 受付時間 9時〜19時
  • 満20歳以上
  • カード申込時に支払い口座の設定ができる

他の高還元率カードと比較

Amazonカードとゴールドカードは、Amazonでの利用が非常にお得なカードだが、他の高還元率なカードでも、ポイント優待サイトの利用などにより、同レベルにAmazonでお得になるカードがある。

そんなカードのひとつが、JCB CARD Wだ。

JCB CARD Wの特徴

JCBカードW

JCB CARD Wは、年会費無料、ポイント還元率1%の高還元率カード。18歳以上39歳以下限定で申し込める。

JCBのプロパーカードであるJCBオリジナルシリーズのカードなので、ステータス性も高い。

JCBオリジナルシリーズは、通常、還元率が0.5%だが、JCB CARD Wは2倍の1.0%となっており、そのことからカード名に「W」が付いている。

さらに、本カードは、JCB ORIGINAL SERIESパートナーの店舗で利用することで、通常の2倍〜10倍のポイントを貯めることができる。

AmazonもこのJCB ORIGINAL SERIESパートナーであり、ポイントが3倍となる。

このポイントアップは、JCBオリジナルシリーズの基本の還元率である0.5%に対してかかるため、AmazonでJCB CARD Wを利用した時の還元率は以下のようになる。

0.5%(通常還元率)× 3倍 + 0.5%(JCB CARD W)= 2.0%

これは、プライム会員がAmazonカードで買い物をした時と同様の還元率だ。

プライム会員以外では、JCB CARD Wを利用した方がお得になる。

また、JCB CARD Wは、他のポイントへの移行のしやすさも特長だ。

特に交換レートが良いのは、以下の移行パターンだ。

nanaco:1 OkiDokiポイント → 5円相当
スターバックス:1 OkiDokiポイント → 4円相当

この他、JCBギフトカードへの交換や現金キャッシュバックも可能。

JCBギフトカードは1,050ポイント で5000円分のギフト券に交換できるので、ほぼ1ポイント5円の価値となる。

Amazonだけでなくさまざまなサイト、店舗で買い物をする場合、JCB CARD Wの方が使いやすい。

また、ディズニー好きの人におすすめなのが、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのパークチケットへの交換

JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーとなっており、1,500ポイントで7,400円相当のチケットと交換できる。

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細を見る

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費無料
還元率1.0%〜
W×Wでポイント4倍キャンペーン中!
2019年3月31日まで
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay、Apple Pay
国際ブランドJCB
JCB CRAD Wの公式サイトを見る
JCB CRAD Wの詳細を見る

ユーザー別おすすめカード

ここまでを踏まえて、Amazonカード、Amazonゴールドカードと、それ以外のカードとしてオリコカード・ザ・ポイントについて、それぞれおすすめの人を次にまとめる。

Amazonカードがおすすめ

Amazonカードがおすすめなのは、ネットショッピングがAmazon利用メインの人で、月々の利用金額が4万円にとどかない人。

Amazonプライム会員であれば、特におすすめしたい。

逆に、Amazonプライム会員ではなく、Amazon以外にもさまざまなサイトや店舗を利用する人は、Amazonカード以外で高還元率になるカードを使った方が良いだろう。

Amazonゴールドがおすすめ

Amazonゴールドカードがおすすめなのは、ネットショッピングがAmazon利用メインのヘビーユーザー。月々の利用金額が4万円を超えるようであれば、十分に元が取れる。

Amazonゴールドカードの大きな特徴が、Amazonプライム会員特典を追加料金なしで利用できることだ。

すでにプライム会員の人も、ゴールドカードに申し込んだ時点で、支払い済みのAmazonプライム会費のうち未使用期間分は返金される。

プライム会員で申し込みをする場合は、損のないよう申込のタイミングに注意しよう。

それ以外(JCB CARD W)がおすすめ

Amazonも利用するが他のサイトや店舗もいろいろと利用しているという人は、Amazonカード以外の高還元率のカードがおすすめだ。

JCB CARD Wは、もともとの還元率が高い上に、Amazonはポイントアップ対象のJCB ORIGINAL SERIESパートナーなので、Amazonカードと同等のポイント還元率になる。

他のポイントへの移行も簡単なので、何かと使い勝手が良い。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。