タグ別アーカイブ: 家族カード

リクルートカード ポイント還元率が2倍以上、国内・海外保険の付帯する欲張りカード

リクルートカード

リクルートカードはポイント還元率が1.2%という超高還元率カードだ。
通常のクレジットカードは還元率0.5%なので、2倍以上の還元率となる。
しかも、国内・海外保険にも対応しているので、海外旅行でも使いたい人にも安心だ。

メリット
・年会費無料
・ポイント還元率が1.2%
・国内・海外保険付帯
・リクルートのサービスを使えばさらにポイントアップ
デメリット
貯まったポイントはリクルート関連のサービスで利用出来る。
(じゃらん、ホットペッパー、ポンパレなど)
➡️以前までは、リクルート関連のサービスのみで利用可能だったが、現在ではPontaポイントとの交換に対応しているので、利用価値は大きく広がった。

リクルートカードがおすすめの理由

理由1:年会費無料

通常のクレジットカードであれば、年会費がかかるカードが多いがこのカードは永年年会費無料になっている。なので、あまりクレジットカードを使わない人でも、よく使う人でもポイントを効果的に貯めることが出来るのだ。

理由2:ポイント還元率が高い

リクルートカードは、毎月の利用額合計に対して1.2%の還元率でリクルートポイントが付与される。

例えば10万円の買い物をすれば、1,200リクルートポイントが付与される。1リクルートポイント=1円相当となっているので分かりやすい。

クレジットカードの還元率は0.5%というのが一般的だ。そのほか、還元率が高いといわれる楽天カードオリコカード・ザ・ポイントなどでも1.0%という還元率である。しかし、このリクルートカードはそんな高還元率カードの還元率をしのぐ1.2%の還元率を達成している。

理由3:国内・海外保険付帯

旅行中の事故、病気やケガの治療、携行品の破損などの損害を幅広く補償する保険となっている。国内・海外とも利用付帯が条件となっており、旅行代金をこのクレジットカードで支払う必要がある。
国内保険最大1000万円
海外保険最大2000万円

ポイントを効率よく使う、ポンタに交換する

ポンパレモールでさらにポイントアップ

リクルートが発行しているだけに、リクルート関連のサービスでは、さらにポイントがアップしてお得に使うことが出来る。
ショッピングサイトポンパレモールは通常でも3%のポイント還元を実施している上に、リクルートカードを利用することで4.2%の還元を得ることが出来る。
ポンパレモール

貯まったポイントは、じゃらんやHotpepper、HotPepper Beautyなどで利用することが出来る。
ホットペーパービューティーじゃらん

貯まったポイントを提携先ポイントに交換する

リクルートポイントはPontaポイントをはじめ様々なポイントに交換出来る。何より、pontaポイントについては1:1でポイント交換出来るので、ポイントをロスなく交換することが出来ておすすめだ。

リクルートポイント1ポイントleft rightポンタポイント1ポイント

Pontaポイントは、ローソンをはじめ、ケンタッキーや昭和シェル石油など幅広く利用できるので利用価値は高い。
logo_shelllogo_geologo_lawsonlogo_KFC

その他サービス

ショッピングガード保険

カードで購入した品物の破損・盗難などの損害を購入から90日間保障するショッピング保険が自動的についている。年間で最大200万円まで補償されるので、買い物にも安心して利用することが出来る。

付帯するカード

家族カード
年会費無料で発行される上に、本会員と同じサービスが受けられるので、家族で利用する場合にもおすすめだ。

ETCカード
VISAカードを選択した場合のみ、発行手数料が1,000円(税抜)JCBであれば無料、年会費はVISA,JCB共に無料なので、まだ持っていない人は1枚持っておくと便利だろう。

電子マネー
リクルートカードを使って電子マネーにチャージしても1.2%のポイントが付与される。VISAかJCBかで付与される電子マネーの種類が異なるので、よく確認しておこう。

VISAを選択した場合:
smart_icoca モバイルSuica 楽天EDY nanaco

JCBを選択した場合:
モバイルSuicananaco

mark_point

VISAかJCBで迷ったらここに注目しよう!!
初めてカードを持つ場合・・・
VISAもJCBも国内で使う限りほとんど利用可能範囲に差はない。JCBの場合は、国内ブランドらしく、ディズニーへの抽選招待など国内サービスが充実しているのが特徴だ。また、海外で使用する事を中心に考えているのであれば、VISAブランドの方が利用シーンは広いだろう。

2枚目以降のカードを持つ場合・・・
1枚目がVISAなら、2枚目はJCBなどと種類を変えるのがおすすめ。より幅広いシーンで利用することが出来るだろう。

また、このカードは、JCBかVISAを選ぶかによって、微妙にサービスが異なる。例えば、電子マネーチャージでもポイントを貯めたいならば、VISAの方が楽天EDYやスマートICOCAへの電子マネーチャージに対応しているのでおすすめだ。

また、ETCさえ持てればいいという方であれば、JCBは無料発行なので、そちらを選ぶといいだろう。

カード詳細情報

年会費 無料
還元率 0.5%~1.2%
ブランド logo-visa-jcb_30
電子マネー iD
ETC VISA:1000円(税抜)
JCB:無料
家族カード 無料
国内保険 最高1,000万円(自動付帯)
海外保険 最高2,000万円(利用付帯)
ポイント種類 リクルートポイント
ポイント交換 100ptから
その他 最大7000円分ポイントプレゼント

(発行会社:VISA:三菱UFJニコス株式会社、JCB:株式会社ジェーシービー)

button_HP

入会資格

・原則として18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。
・高校生を除く18歳以上で学生の方。

このカードは、学生の方へのキャンペーンも実施しているので、まだカードを持っていない人も、持っている人も是非、申し込んでみよう。

申し込みから発行までの期間

VISA:入会申込から1週間前後
JCB:入会申込から3週間前後

さらにポイント還元率を追求するなら・・・

リクルートカードには、年会費が2000円発生するが、ポイント還元率が2.0%までアップするリクルートカードプラスもある。


リクルートカードプラス
card_recruitcardplus

ついに実現した圧倒的な還元率

リクルートカードの条件もそのままに、ポイント還元率を2.0まで引き上げた限界を突破したカード

年会費 還元率 ブランド
2000円+税 2.0% JCB
VISA