「Suica」「PASMO」のオートチャージが改札を出るときにも対応!残高不足を解消し、支払いがもっと便利に!

Pocket


 
2017年12月20日、JR東日本とパスモ協議会は交通系ICカード「Suica」「PASMO」のオートチャージ機能が、駅の入場時だけでなく出場時にも対応すると発表した。

2018年3月17日から首都圏、仙台、新潟のSuicaエリアとPASMOエリアの駅で利用可能となる。

これにより駅ナカで買い物をしたことで残高が不足し、出場時になくなく手動でチャージするといったシーンがなくなる。

また、駅ナカでの買い物に限らず、電車で長距離を移動した場合に残高が足りなくなり、結局現金でチャージをするということもなくなる。

出場時のオートチャージは、従来のオートチャージを申し込んでいる人であれば、手続きや申し込みなしで利用できる。

出場時のオートチャージ対応で変わること

出場時にオートチャージが可能になるということは、残高がある程度残った状態を維持することになり、街で残高不足になってしまう可能性が低くなる。

これまでは電車賃の支払いと駅ナカでの利用がメインだったSuicaやPASMOが、今後はメインの決済手段として利用される可能性もあるといえるだろう。

首都圏に限っていえば、電車やバスに乗って会社に行き、コンビニでお昼を買い、帰りに駅近のデパートで簡単な買い物をする、という日常生活における全てのシーンでSuica やPASMOが利用可能だ。

オートチャージの仕組みを簡単に紹介

オートチャージはそもそも「基準になる残高」と「チャージ金額」を設定することで利用可能になる。

例えば、以下のようなケースをみてみよう。

基準になる残高:2000円
チャージ金額:5000円
現在の残高:2500円
支払い運賃:800円

この場合は、2500円(残高)− 800円(運賃)=1700円(利用後の残高)となり、基準になる残高を下回った。

よって、1700円(利用後の残高)+ 5000円(チャージ金額) =6700円 となる。

SuicaとPASMOの違い

SuicaとPASMOではオートチャージの仕組みに若干の違いがある。

特に差があるのはオートチャージの限度額で、具体的には以下のようになっている。

□Suica
1回のチャージ限度額:1000円単位で10,000円まで指定できる
1日のチャージ限度額:なし
利用限度額:1日あたり20,000円まで

□PASMO
1回のチャージ限度額:なし
1日のチャージ限度額:10,000円
利用限度額:1ヶ月あたり50,000円まで

PASMOはSuicaと比較すると限度額少ないめに設定されていることがわかる。

まとめ

SuicaとPASMOのオートチャージがますます便利になり、利用範囲はさらに広がっていくと考えられる。

クレジットカード一体型のSuicaやPASMOを利用している人であれば、普段の生活でほとんど現金を使わず、少額〜高額まで1枚のカードで決済ができてしまうということだ。

さらに、クレジットカード一体型ならポイントもつくため、便利なだけでなくお得にSuicaやPSAMOを利用できる。

Pocket