アメックスが2018年4月より全世界の提携店舗でサインの記入が不要に!

Pocket

 2017年12月11日、大手クレジットカードブランドのAmerican Express(以下 アメックス)は、2018年4月より全世界の提携店舗でサインの記入なしでカード決済(サインレス決済)を可能にすると発表した。

これは、マスターカードやディスカバリーといった競合ブランドに続く動きで、支払いにかかる時間や店舗側の処理負担を軽減することが狙いだ。

それと同時に、アメックスは「セキュリティにおける技術が向上したことで、サインの必要性が低下している」とも発表している。

さらに、アメックスは「不正利用を的確に検知する人工知能(AI)の配備も進めてきた」と発表した。

ただ、2018年4月以降も店舗が希望すればサインの記入を求めることができるため、どんな店舗でも必ずサインレス決済になるというわけではない。

サインレス決済が基本になれば、カードの利便性がさらに向上し、クレジットカード利用者の増加が見込めることは間違いないだろう。

また、現在サインレス決済は一部店舗に限り利用可能な状況である。

そこへ、主要なクレジットカードブランドが次々と「全世界の提携店舗」でサインレス決済を可能にするという方針を打ち出したのは、クレジットカード業界にとって大きな変化であるといえる。

一般的なサインレス決済の仕組み

ここで、アメックスに限らず一般的なサインレス決済の仕組みについて紹介していこう。

現状サインレス決済が利用できる場所

サインレス決済が利用可能なのは、店舗がカード会社と特別な契約をしている場合である。

主に利用可能な場所は以下となっている。

・コンビニ
・ショッピングセンター
・デパート
・高速道路の料金所

上記の場所はいずれも利用者が多く、支払いにかかる時間を削減する必要性が高いため、サインレス決済を導入しているのだ。

サインレス決済を導入するための店舗の条件

一般的にサインレス決済を導入するためには、店舗が以下のような必須条件をクリアする必要があるとされている。

・換金しにくい商品を主に扱っている
・防犯カメラが取り付けられている

これらの条件は、不正利用防止などのセキュリティの観点から定められている。

そもそも、クレジットカードの支払い時にサインをするのは、サインがセキュリティ上効果的だとされているからなのだ。

現状サインレス決済は少額の支払い時のみ可能

さらに、上記で紹介した場所でもサインレス決済を行うためには条件がある。

それは、決済額が少額(主に3万円以下程度)であることだ。

店舗の必須条件と同様、不正利用防止などのセキュリティの観点から、高額の支払いでサインレス決済を認めるのはリスクが高いとされていた。

セキュリティとしての「サイン」の必要性に変化

これまでの内容で、セキュリティ上の安全性確保をサインにばかり頼るのではなく、利用者がさらに便利になるように、クレジットカードブランドが日々努力を続けていることがおわかりいただけたと思う。

また、サインの代わりとして、「暗証番号」の入力を求められることがあるが、今後サインレス決済が全世界的に広がった場合、あらゆる店舗において「サイン」も「暗証番号」も不要な時代がくると予想される。

まさに、クレジットカード1枚であらゆる支払いをスピーディーに、スマートに行うことができる時代がこようとしているのだ。

Pocket