アプラスでnanacoチャージによるポイント付与が2017年10月に終了予定!Tカードプラスユーザーは注意!

Pocket

2017年6月28日、株式会社アプラスから「電子マネー「nanaco」へのクレジットカードチャージにおけるポイント付与に関するお知らせ」が発表され、アプラスから発行されるクレジットカードでnanacoへのチャージでポイント付与されなくなることが発表された。実施時期は2017年10月とのこと。

また、従来は国際ブランドJCBのカードのみがnanacoチャージの対象であったが、今回の変更に伴い、VISAとMastercardからもクレジットカードでチャージができるようになる。

アプラスから発行されているクレジットカードで代表的なものはTSUTAYAの会員カードとしても発行されているTカードプラスだろう。Tカードはチャージ時に0.5%の還元率でチャージ時にもポイントが付与されてきた。これまでTカードプラスでnanacoチャージしていた方は、別のクレジットカードに変更する必要がありそうだ。

最近では2017年7月1日より株式会社ライフカードが発行するクレジットカードでnanacoチャージでの0.25%の還元率でポイント付与されるサービスがなくなった。nanacoチャージでポイント付与するカードは次第に減ってきているのが現状である。

そもそもnanacoチャージでポイントが付与されると何がよかったのか

クレジットカードのnanacoチャージでポイントが付与すると、チャージのタイミングでクレジットカードの利用に伴うポイントが付与される上に、nanaco利用時には100円につき1nanacoポイントのポイントが付与されるので、ポイントの二重取りが可能となるのだ。

nanacoチャージできるクレジットカードは、国際ブランドJCBのクレジットカードならほとんどOKだが、カードの種類によっては、アプラスのようにnanacoチャージをポイント対象外にしているものや、nanacoチャージに限っては還元率を下げているカードがある。

nanacoチャージで二重取りできるカードは?

nanacoチャージでポイントがしっかりと貯まるクレジットカードでは以下の3枚が代表的である。

・セブンカードプラス
・楽天カード(JCB)
・Yahoo! JAPANカード

セブンカードプラスの場合は、nanacoチャージでの還元率は0.5%の還元率でポイントが得られ、nanaco利用時には100円につき1nanacoポイントが付与されるので、合計の還元率は1.5%となる。

nanacoが一体型となっており、無料でnanacoカードが手に入るのは魅力であり、nanacoチャージでのポイント付与をセールスポイントにしているので、今後もなくなることはないだろうという安心感はある。

nanacoカードは税金の支払いでもポイントを獲得することができるなど、魅力のあるカードであるが、クレジットカードチャージでポイント付与するカードは減りつつある。今回のアプラスのクレジットカードを使っている方は、今のうちに他のクレジットカードに乗り移っておくとよいだろう。

Pocket

こちらの記事も読まれています