エポスカードがApple Payへの対応を開始。全国7000店舗でお得なサービスが受けられる同カードがより便利に!

Pocket

株式会社丸井グループが発行するクレジットカードで、会員数600万人以上を誇る「エポスカード」が、今年3月1日より、Apple Payの対応を開始した。

登録方法は、iPhoneのwalletアプリケーション内のカメラで手持ちのエポスカードを撮影。その後、SMSまたはメールに届く認証コードを入力するのみでよい。

店舗などで会計を行う際は、店員にクイックペイでの支払いの旨を伝え、Touch IDに指を載せ、iPhone 7をリーダーにかざすだけで決済が完了する。Suicaのチャージに、Apple Payに登録したエポスカードを使用することも可能だ。

同社は今年3月1日~3月31日まで、Apple Pay登録キャンペーンを実施。期間中にApple Payにエポスカードを登録したユーザー先着5万人に、500ポイントが付与される。さらに、4月30日までにApple Payのエポスカードで、クイックペイを利用して5000円以上(税込)使用したユーザーの中から、抽選で2000名に5000ポイントが付与される。

入会金・年会費無料のタイプが多いエポスカード。カード提示・利用で各種割引などの特典も

エポスカードには、「エポスカードVisa」をはじめとした数十種類が揃う。公共料金の支払いや買い物などでポイントが貯まるほか、全国約7000店舗で、カードの提示や利用による割引・サービスを受けられる。

「モディエポスカード」「ノジマエポスカード」「させぼ五番街エポスカード」などのように、特定の施設や店舗、場所で使用することで、よりお得にポイントが貯まるカードがあるのも特徴。一方、「カプコンエポスカード」「オトメイトエポスカード」のように、ゲームキャラクターが券面にデザインされ、オリジナルグッズなどを特典としてもらえるタイプのカードも、ファンに人気がある。

クレジットカードを作る際、種類によっては、入会金・年会費が数千円~数万円程度かかるものもある。エポスカードの場合、「エポスプラチナカード」「エポスゴールドカード」を除く全てのカードが、入会金・年会費永年無料。

全てのエポスカードでApple Payの対応が可能となるため、iphone7ユーザーは、この機会にエポスカードに申込み、Apple Payに登録しておいて損はないだろう。

クイックペイ対応店舗の多さにも注目。日常の買い物なども、端末のみで決済可能

クイックペイの対応可能店舗の多さも見逃せない。「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」、「イオン」「イトーヨーカドー」「ビックカメラ」などの人気主要チェーンでApple Payの利用が可能なため、現金の持ち合わせがなかったり、自宅に財布を忘れてきてしまった場合でも、Apple Payに登録しておけば安心だ。

コストがかからず、お得なサービスなども受けられるエポスカード。iphone7ユーザーは、メリットいっぱいのエポスカードをより便利に使えるApple Payを活用してみてはいかがだろうか。

Pocket

こちらの記事も読まれています