トヨタファイナンスがApple Pay対応を開始。クルマ関連はもちろん、日常生活でもオトク&便利にポイントが貯まる!

Pocket

applepay-tscubic

トヨタファイナンス株式会社はApple Payに対応することを発表し、10月25日より導入がスタートした。Apple Pay は、iPhone 7、Apple Watch Series 2にカード情報を登録することで、店舗やオンラインショッピングなど、端末をかざすだけで決済が可能になるサービス。

対象となるのは、同社が発行する「TC CUBIC CARDレギュラー」「TC CUBIC CARDプラチナ」「TC CUBIC CARDゴールド」の3種類。レギュラーは18歳以上、プラチナは20歳以上、ゴールドは30歳以上から申し込みが可能。

国際ブランドはJCB、Mastercard、VISAの3種類。JCB、Mastercardを選択している場合は、店舗利用以外にオンラインショッピングやアプリケーションの支払いにもApple Payが利用可能。VISAを選択している場合は、店舗利用のみとなる。

同社は、Apple Payを設定して支払をすると、設定から3ヵ月後の月末までの間、ポイントが通常より5倍貯まるキャンペーンを実施中。期間は2017年3月31日まで。

クルマ好き必携。カーライフをトータルサポートしてくれる「TC CUBIC CARD」

買い物や休みの日の外出など、日常的にクルマをよく使用する人はTC CUBIC CARDがおすすめだ。

事故・故障などトラブル時に24時間対応でサポートが受けられる「ドライバーズサポート24」のほか、ETCカードが年会費永年無料。ETC車載器搭載のクルマの場合、カードで有料道路の支払いを行うとポイントが貯まる。また、TC CUBIC CARDゴールドのみ、ENEOSサービスステーションでの給油時に、カード利用で1リットルあたり2円の割引となる。

トヨタレンタカーの利用料金も割引になる。割引率は最大で、レギュラー・プラチナで25%、ゴールドで35%。そのほか、海外レンタカー「ハーツレンタカー」の利用料金が10%割引、カーショップ「ジェームズ」で、各種メニューが5%割引などの特典がある。クルマのメンテナンスや旅行先でも恩恵を受けられるのが、TC CUBIC CARDのメリットだ。

日常生活でもポイントを貯めやすい「TC CUBIC CARD」。Apple Pay対応でさらに使いやすく便利に!

TC CUBIC CARDのポイントプログラム「ポイントプラス」では、1000円の利用につき10ポイントが貯まる。コンビニエンスストアや飲食店などのほか、携帯電話や光熱費などの支払いで、ポイントを貯めることも可能。

「ENEOS」「Mibil」などガソリンスタンド、三越百貨店、JAL、「パパミラノ」「鳥どり」など株式会社ダイナックが運営する飲食チェーン店などの特約店では、ポイントが1.5倍貯まる。ショッピングサイト「ポイントアップマーケット」では、2倍以上のポイントが貯まる。

貯まったポイントは、1ポイント1.5円で新車購入時に還元でき、1ポイント1円で車検、カー用品などの支払いに利用できる。5000ポイント以上貯まると、JALマイレージバンク、ANAマイルへポイントを移行可能。そのほか、au WALLET ポイントプログラムへの移行や、商品と交換することもできる。

あらゆるシーンでオトクにポイントを貯められるTC CUBIC CARD。Apple Pay対応で、ますます使い勝手がよくなることは間違いない。特にクルマに乗る機会が多い人は、作っておいてまず損はないだろう。

こちらの記事も読まれています


Pocket