三菱UFJニコス・BMW子会社の提携カード「BMWカード」「MINIカード」に新デザインが登場

Pocket

2016年6月24日

画像 (1)

三菱UFJニコスと、自動車メーカーのBMWの子会社で金融サービスを担うビー・エム・ダブリュー・ジャパン・ファイナンス株式会社の提携クレジットカード「BMWカード」「MINIカード」に計6種類の新デザインが加わった。6月16日より同カードの会員募集が開始されており、今年度中に「BMWカード」は6000人、「MINIカード」は4000人の会員獲得を目指す。(画像はBMWカード VISA “THE NEXT 100YEARS” )

BMWカードは、原則として18才以上が申し込めるVISAブランドのクレジットカード。契約者が所有するBMW車を対象に、24時間365日の電話サポートによる「BMWエマージェンシー・サービス」が受けられる。そのほかに、利用金額に応じてポイントが貯まり、BMWオリジナル・グッズがもらえる「BMW Card Point Program」や、BMWに関するニュース「BMW Card News」の閲覧が可能になるなどの特徴を持つ。

今回、BMW100周年記念事業の一環として期間限定で登場した「BMWカード VISA “THE NEXT 100YEARS” 」は、生産台数500台以下の「328ミッレ・ミリア」、高性能の最新モデルとして話題の「i8」が券面に描かれている。

MINIカードは、BMWカードと同じくVISAブランドのカード。VISA加盟店においてMINIカードで支払いをすると1000円につき1ポイントが貯まり、ポイントと引き換えにオリジナルレザー・キー・ケースやトイカーなどと交換できる「MINI Card POINT」、MINIの正規ディーラーで、MINI Cardを利用して商品やサービスを受けると、指定したポイント数を1ポイント=5円に換算してキャッシュバックされる「VALUE BACK」などが主な特徴。なお、MINIカードではMINI車を対象にBMWカードと同様のエマージェンシー・サービスが受けられ、VALUE BACKに関しても、BMWカードでも正規のBMWディーラーにて同様のサービスが受けられる。

今回登場したのは、従来のMINIのエンブレムのデザインを最新のタイプに変更したカードに加え、3代目「MINI」の3ドアハッチバック、5ドアハッチバック、クラブマン、コンバーチブルの4ターンがそれぞれ描かれたカードの、計5種類のラインナップ。

年会費(税別)は、BMWカードが本人4762円、家族カードは1名につき400円。MINIカードが本人3810円、家族カードは1名につき305円となっている。

http://www.cr.mufg.jp/apply/card/bmw/index.html?tcode=

http://www.mini.jp/finance/card/

Pocket