プラチナカードって使える?真相解明!三井住友、アメックス、MUFG、ジェーシービーのプラチナカード比較

Pocket

プラチナカード

プラチナカードは、一般庶民が持つことのできる最上位カードといっても過言ではない。

プラチナカードには、保険や特典、サービスやサポートなど、あらゆる面でゴールドカードよりも上回っている。この記事では、プラチナカードのメリットとともに、特におススメのプラチナカードを詳しく紹介しようと思う。

プラチナカードの位置づけ

かつて、クレジットカードの最上位カードといえば、「ゴールドカード」だった。

しかし、1984年にアメリカン・エキスプレス(アメックス)が「プラチナカード」を発行して以降、最上位カードの座はプラチナカードへと移った。

プラチナカードは一般人が手にできる可能性の高い最上位のカード

現在では、プラチナカードのさらに上に「ブラックカード」が存在しているが、発行しているカード会社が限られている上に、年会費や入会条件などのハードルの高さから、一般庶民がなかなか手にできるカードではない。

つまり、一般庶民が手にできる可能性の高い最上位のカード、それが「プラチナカード」である。

ちなみに、なぜプラチナカードという名称なのかについては、ゴールド(金)よりもプラチナ(白金)の価値の方が高い、そんな単純な理由である。

ブラックカードについては、世界で最初にブラックカードを発行したアメックスの券面が黒色だったため、他社の最上位カードもそのように呼ばれているとのことだ。

プラチナカードのサービス内容は、年会費に比例する

プラチナカードは、ブラックカードよりも多くのカード会社が発行している。カード会社の格やプラチナカードに求めるものによって、プラチナカードの価値も大きく変わってくる。

プラチナカードでまず気になるのが年会費だが、年会費2万円のエポスプラチナカードから、年会費13万円のアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードまで様々な設定となっており、一般的にはいくら、とはまとめられるものではない。

ただ、傾向としては年会費とサービス内容はおおむね比例しており、年会費が高くなればなるほど、サービス内容も充実する傾向にある。

プラチナカードのサービス

年会費や入会条件のハードルが高いプラチナカードだが、それだけに、プラチナカード保有者が手にできるメリットも大きい。

ゴールドカードと比べて、特にサービス面が充実しているので、ここではプラチナカードのサービスについて、具体例を挙げながら紹介していこう。

コンシェルジュサービスで手間いらず

プラチナカードの代表的なサービスといえば、「コンシェルジュサービス」だ。

高級ホテルなどに在籍しているコンシェルジュは、言わば宿泊者にとって「オールランダーなサービスマン」であるが、プラチナカードのコンシェルジュサービスも、それに近い。

例えば、旅行関連に強みを持つ「アメックス・プラチナ」では「オーロラが見たいんだけど」や「アザラシが見たいんだけど」とコンシェルジュに伝えるだけで、場所選びから航空券やホテル、現地の移動手段の手配まですべて行なってくれる。

「三井住友VISAプラチナカード」では、2万円以上のプレミアム価格がついて予約困難なビジネスホテルも、プラチナ会員用に枠を抑えているため、1万円台半ばでスムーズに予約できる。

このように、コンシェルジュサービスは、忙しいビジネスパーソンや面倒な予約や調べものが苦手な方にとって、非常に使い勝手の良いサービスだ。

旅行関連の保険が充実

国内・海外旅行傷害保険など、旅行関連の保険がさらに充実しているのが、プラチナカードのメリットだ。

例えば、「JAL・JCBカードプラチナ」では、国内・海外旅行傷害保険の補償金額が最高1億円、しかも、航空券代やツアー代などの旅行代金をカード払いしなくても付帯する「自動付帯」である。

また、このカードをはじめ多くにプラチナカードでは、家族カード会員でない同居の家族に対しても補償される「家族特約」が付いている。

さらに、「JAL・JCBカードプラチナ」には航空便の遅延保険もついており、航空便の遅延でお見舞い金が出る。

プライオリティ・パスで世界の航空会社ラウンジを利用できる

ほとんどのプラチナカードにあるサービスが、「プライオリティ・パス」だ。「プライオリティ・パス」とは、世界各国に設置されている航空会社の空港ラウンジを利用可能なパスである。

通常、利用無制限のプライオリティ・パスを入手するには4万円程度の年会費が別途必要となるが、プラチナカード会員は無料で入手できるので、これだけでもカード年会費の元が取れそうだ。

ゴールドカードで利用できる空港ラウンジとは、サービスの内容が格段に異なる。しかも、航空会社のラウンジは出国後のエリアに設置されているため、出発までゆっくりと滞在できるのだ。

様々なアップグレードも可能

プラチナカードは、あらゆる場所でアップグレードしたおもてなしを受けられる。

「アメックス・プラチナ」では、ヒルトンやシェラトンなどの上級カイン資格を無料で手にでき、部屋のアップグレードやアーリーチェックイン、朝食無料やレイトチェックアウトなどのサービスを受けられる。

プラチナカードの作り方

そんな魅力たっぷりのプラチナカードだが、一般カードやゴールドカードよりも入手するのが当然難しい。

インビテーションと審査の厳しさでプラチナカードの入手難易度は高い

最初のハードルが、いわゆる「インビテーション」というものである。

一般カードやゴールドカードは、ほしいと思えば自分で申し込めるカードだが、プラチナカードはそうはいかない。プラチナカードの中には、インビテーション(招待制)を採用しているものが多く、カード会社から招待が来ない限り申し込みすらできない。

基本的には、同じカード会社の一般カードやゴールドカードを持ち、利用実績を積み上げるとインビテーションが届く。最近では、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」や「三井住友VISAプラチナカード」のように、インビテーションなしで申し込めるカードが増えている。

しかし、仮に申し込めたとしても審査を通過するかは別問題だ。審査基準はカード会社によって異なるが、ゴールドカードの審査基準よりは厳しい。自社カードの利用実績はもちろん、年収も厳しくチェックされる。

難易度の低いプラチナカードでも、年収300~400万円は必要だ。

家族カードはコスパが極めて高い

自力でプラチナカードを持つのが難しい方は、「家族カード」はいかがだろうか。

高校生を除く18歳以上の同居家族ならば、基本的には家族カード発行に審査がない。家族カードの特筆すべき点は年会費であり、本会員の年会費が13万円の「アメックス・プラチナ」も、家族カードの年会費は4枚まで無料だ。

本会員の年会費が5万円の「三井住友VISAプラチナ」も、家族カードの年会費は無料だ。それでいて、サービス内容は本会員と同じなのだから、家族カードのコスパは極めて高い。

おすすめプラチナカードの比較

ここからは、プラチナカードの中でも特におススメの「三井住友VISAプラチナカード」「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」「JAL・JCBカードプラチナ」、さらには「JCBザ・クラス」「JCBプラチナ法人カード」「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」を比較しよう。

  三井住友 アメックス MUFG JAL・JCB
申込方法 一般申込可能 インビテーションのみ 一般申込可能 一般申込可能
年会費
(家族会員)
5万円
(無料)
13万円
(4名まで無料)
2万円
(1名まで無料)
31000円
(15000円)
還元率 0.5% 1% 0.5% 1%
有効期限 4年 期限なし 3年 3年
搭載電子マネー iD なし なし QUICPay
Apple Pay 利用可能 利用可能 利用不可 利用可能
海外旅行保険
(家族特約)
最高1億円
(5000万円)
最高1億円
(5000万円)
最高1億円
(3000万円)
最高1億円
(2000万円)
ショッピング保険 上限年500万円
(免責3000円)
上限年500万円
(免責1万円)
上限年300万円
(免責3000円)
上限年500万円
(免責3000円)
プライオリティ・パス 家族会員も無料 家族会員も無料 合計2枚無料 家族会員も無料
空港以外のラウンジ 大丸東京店 京都特別観光ラウンジ なし USJ、JCBラウンジ京都
  ザ・クラス JCB法人 セゾンプラチナ
申込方法 インビテーションのみ インビテーションのみ 一般申込可能
年会費
(家族会員)
5万円
(8枚無料)
3万円
(2枚目以降は6000円)
2万円
(3000円)
還元率 0.5% 0.5% 0.75%
有効期限 5年 5年 期限なし
搭載電子マネー QUICPay なし iD、QUICPay
Apple Pay 利用可能 利用不可 利用可能
海外旅行保険
(家族特約)
最高1億円
(2000万円)
最高1億円
(2000万円)
最高1億円
(5000万円)
ショッピング保険 上限年500万円
(免責3000円)
上限年500万円
(免責3000円)
上限年300万円
(免責なし)
プライオリティ・パス 無料 無料 無料
空港以外のラウンジ ディズニーランド、
USJ、JCBラウンジ京都
USJ、JCBラウンジ京都 なし

三井住友VISAプラチナカード

年会費

年会費は本会員が5万円と、プラチナカードとしては平均的だ。三井住友カードには、登録型リボ払いの「マイ・ペイすリボ」の設定で年会費割引、年間利用実績に応じた年会費割引があるが、プラチナカードにはこの設定がない。

ただし、「Web明細サービス」に登録の上で年間6回以上の請求があれば、最大で税別1000円の年会費割引がある。

家族カードの年会費は全員が無料であり、年会費無料の家族カードに制限を設けているプラチナカードもある中、お得感満載だ。

ETCカードの年会費は500円だが、年1回以上ETCカードの利用があれば年会費はかからない。更に中国で強い「銀聯カード」も、発行手数料・年会費ともに無料だ。

ポイント

三井住友VISAプラチナカードを1000円利用ごとに、「ワールドプレゼント」が1ポイント付与される。1ポイント=5円相当のため、ポイント還元率は0.5%だ。

貯まったポイントは、他のポイントへの移行(還元率は最高0.5%)やギフトカード(同0.5%)などに交換できる。ポイントの有効期限は4年感なので、気長にポイントを貯めたい。

また、「マイ・ペイすリボ」に登録の上でリボ払い手数料の請求がある月は、ポイントが2倍(還元率1%)となる。さらに、年間の利用実績に応じて、翌年度のポイント還元率が0.6~0.8%にまでアップする。マイ・ペイすリボのポイントアップと合わせると、1.1~1.3%の高還元率カードだ。

サービス

三井住友VISAプラチナカードでは、年1回、以下の3つから好きなサービスを無料で選べる。

  • プライオリティ・パスの無料入会
  • 名医によるセカンドオピニオンサービス
  • 食の逸品(各地の名産品から厳選された逸品)

また、コンシェルジュサービスもあり、プラチナ会員専用のデスクが24時間365日サポート。交通機関やホテル、レストランやギフトの手配、海外のお店情報や渡航先情報の提供などをしてくれる。

さらに、東京や大阪を中心にした約110店舗の一流レストランで、2名以上コース料理を注文で1名分が無料となるサービスもある。

保険

三井住友VISAプラチナカードには、以下のような海外旅行保険が自動付帯する。

補償内容 上限金額 家族特約
死亡・後遺障害 1億円 1000万円
傷害・疾病治療 500万円 500万円
救援者費用 1000万円 1000万円
賠償費用 1億円 5000万円
携行品損害 100万円
(自己負担3000円)
100万円
(自己負担3000円)

カード会員でない家族に対しても、500万円の傷害・疾病治療が補償されるのはうれしい限りだ。国内旅行傷害保険も自動付帯で、以下のような補償内容だ。

補償内容 上限金額
死亡・後遺障害 1億円
入院日額 5000円
通院日額 2000円
手術 20万円

航空機遅延保険も国内外ともに付帯しており(国内は利用付帯)、航空機の遅延や手荷物の紛失などで2~4万円の補償を受けられる。ショッピング保険も付帯しており、購入日(もしくは翌日)から90日間における購入商品の損害に対して、年間500万円(自己負担3000円)が補償される。

海外のみならず国内でも、さらにリボ払いでなくて1回払いでも補償の対象だ。

申込方法

以前はインビテーションのみがカードの入手方法だったが、最近では申し込みもできるようになっている。

button_HP

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

年会費

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)の本会員の年会費は13万円と、プラチナカードの中でもずば抜けて高額だ。

アメックス・プラチナは、2枚目の本会員カードも無料で発行可能、家族カードは4名まで年会費無料で持てる。

アメックス・プラチナは、「家族」の範囲が広いのが特徴で、18歳以上の子供、配偶者、両親以外にも、婚約者、内縁や事実婚、同性婚のパートナーも対象となっている。ETCカードは、発行手数料として850円かかるものの、年会費はかからない。

ポイント

カード利用100円ごとに、「メンバーシップ・リワード」が1ポイント貯まる。1ポイント=1円相当の価値なので、ポイント還元率は1%だ。貯めたポイントは、1000ポイント→1000マイルのレートで、ANAマイルに移行できる。

グリーンやゴールドでこのレートで交換するには、別途年間3000円を支払わなければならないが、プラチナはその必要がない。ANA以外にも、10以上の航空会社に1250ポイント→1000マイルのレートで移行可能だ。

ポイントの有効期限がないため、気長にポイントを貯めて一気にマイル移行もできる。

サービス

アメックスでは、特に旅行、エンタメ関連のサービスが秀逸だ。ヒルトンやシャングリラ、マリオットやシェラトン、リッツカールトンなどの上級会員の資格をゲットできる。

これらのホテル以外にも、世界900カ所以上の高級ホテル(日本では帝国ホテル、アマン東京など)では、優待価格での予約やアーリーチェックインなどの優遇を受けられる。デルタ航空便を利用する際は、デルタ航空ラウンジも利用可能だ。

更にコンシェルジュサービスも忘れてはならない。コールセンターの従業員は、そのほとんどがアメックスの正社員のため、サポートも極めて丁寧だ。航空券や現地の移動手段、ホテルや現地のエンタメチケットなどを、プランニングしながら手配してくれる。しかも、コンシェルジュ経由ならば、入手困難なチケットの入手やホテルのアップグレードなども可能だ。

そして、万が一の際のサポート体制も万全だ。旅先でクレカや現金を紛失した場合も、即日カードを再発行して、滞在先のホテルまで速達で届けてくれる。
病気やけがの際は、極力日本語が通じる医師や最寄りの医療施設を紹介してくれ、医療費の立て替えなども可能だ。

保険

アメックス・プラチナには、以下のような海外旅行保険が自動付帯する。

補償内容 上限金額 家族特約
死亡・後遺障害 自動付帯:5000万円
利用付帯:5000万円
1000万円
傷害・疾病治療 1000万円 1000万円
救援者費用 1000万円 1000万円
賠償費用 1億円 5000万円
携行品損害 100万円
(自己負担3000円)
100万円
(自己負担3000円)

カード会員でない家族に対しても、1000万円の傷害・疾病治療が補償されるので、高額な海外の医療費も心配いらない。
国内旅行傷害保険も自動付帯で、以下のような補償内容だ。
しかも、本会員のみならず、家族カード会員、さらに、家族カード会員でない家族も同様の補償内容だ。

補償内容 上限金額
死亡・後遺障害 1億円
入院日額 5000円
通院日額 2000円
手術 20万円

航空機遅延保険も国内外ともに付帯しており(国内は利用付帯)、航空機の遅延や手荷物の紛失などで3~6万円の補償を受けられる。ショッピング保険も付帯しており、購入日から90日間における購入商品の損害に対して、年間500万円(自己負担1万円)が補償される。

海外のみならず国内でも、さらにリボ払いでなくて1回払いでも補償の対象だ。さらに、他のカードでは対象外となることの多いスマホやタブレット、ノートPCもしっかりと補償してくれる。

申込方法

アメックス・プラチナは、インビテーションのみで入手可能だ。

ただし、アメックス・ゴールドが必ずしも必要なわけではなく、利用実績によってはアメックス・グリーンから一足飛びで、プラチナへのインビテーションが届く場合もある。

button_HP

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(MUFGプラチナ)の年会費は、本会員が2万円、家族カードは3000円(1枚目は無料)である。ETCカードの年会費はもちろん、発行手数料もかからない。

銀聯カードの発行も可能だが、本会員は1000円、家族カードは300円の新規発行手数料がかかる。

ポイント

1000円利用ごとに、「グローバルポイント」が1ポイント貯まる。1ポイント=5円相当なので、ポイント還元率は0.5%だ。海外での利用分や指定月分の利用分は、ポイント還元率が1%となる。

さらに、年間利用金額に応じて、ポイント還元率を最高1.35%にまで上げることも可能だ。
貯まったポイントは、キャッシュバック(還元率0.4%)や他のポイント(同0.5%)、ギフトカード(同0.5%)への交換ができる。ポイントの有効期限は3年間だ。

サービス

MUFGプラチナでも、コンシェルジュサービスを受けられる。24時間365日、通話料無料で国内外を問わず利用可能だ。MUFGプラチナのコンシェルジュは外部委託されており、外部委託先は海外の緊急時や医療サポートに強みを持つ。

他にも、庶民的な使えるサービスもある。グループ企業の三菱東京UFJ銀行のATM時間外手数料無料(カード代金の口座引き落としなどの条件を満たす必要あり)、定期預金の金利優遇などのサービスがある。

保険

MUFGプラチナには、以下のような海外旅行保険が自動付帯する。

補償内容 上限金額 家族特約
死亡・後遺障害 自動付帯:5000万円
利用付帯:5000万円
1000万円
傷害・疾病治療 200万円 200万円
救援者費用 200万円 200万円
賠償費用 3000万円 3000万円
携行品損害 50万円
(自己負担3000円)
50万円
(自己負担3000円)

他のプラチナカードと比較して、補償金額は少ない。ただし、家族特約もしっかりとついている。

国内旅行傷害保険も自動付帯で、以下のような補償内容だ。家族特約では、死亡・後遺障害の上限は1000万円となる。

補償内容 上限金額
死亡・後遺障害 5000万円
入院日額 5000円
通院日額 2000円
手術 20万円

航空機遅延保険も国内外ともに自動付帯しており、航空機の遅延や手荷物の紛失などで1~2万円の補償を受けられる。更にショッピング保険も付帯しており、購入日から90日間における購入商品の損害に対して、年間300万円(自己負担3000円)が補償される。

海外のみならず国内でも、さらにリボ払いでなくて1回払いでも補償の対象だ。

申込方法

MUFGプラチナは、インビテーションのみならず、公式サイトから申し込むことも可能だ。

インビテーションは、MUFGゴールドを利用している必要は必ずしもなく、リクルートカードを利用していたらインビテーションが届いた、という事例もあります。

button_HP

JAL・JCBカードプラチナ

年会費

JAL・JCBカードプラチナの年会費は、本会員が31000円、家族カードは15500円となっており、1枚目から年会費が発生する。ETCカードは、発行手数料、年会費ともかからない。

ポイント

JAL・JCBカードプラチナは、ポイント還元率が2倍となる「ショッピングマイル・プレミアム」に無料で自動入会となるため、100円利用につきJALマイルが1マイル付与(マイル付与率1%)される。JALマイル特約店(付与率合計2%)、JALグループの利用(付与率合計4%)などのマイルアップ手段も豊富だ。

貯まったマイルは、JALや提携航空会社の特典航空券やアップグレードなどに利用できる。マイルの有効期限は3年間だ。

サービス

JAL・JCBカードプラチナは、最上位カード「JCBザ・クラス」と同じコンシェルジュサービスを、24時間365日、通話料無料で国内外問わずに利用できる。このコンシェルジュは外部委託をしておらず、自前でしっかりと教育されている。

また、JAL・JCBカードプラチナの会員は、大阪のUSJにあるラウンジを利用可能だ。また、JR京都駅内のJCBラウンジも利用可能だ。

保険

JAL・JCBカードプラチナには、以下のような海外旅行保険が自動付帯する。

補償内容 上限金額 家族特約
死亡・後遺障害 1億円 1000万円
傷害・疾病治療 1000万円 200万円
救援者費用 1000万円 200万円
賠償費用 1億円 2000万円
携行品損害 100万円
(自己負担3000円)
100万円
(自己負担3000円)

このカードにも家族特約が付いているが、カード会員との間に差が目立つ。

国内旅行傷害保険も自動付帯だが、家族特約はない。

補償内容 上限金額
死亡・後遺障害 1億円
入院日額 1万円
通院日額 2000円
手術 40万円

他のプラチナカードより、入院日額と手術費用の補償が優れている。

航空機遅延保険も国内外ともに付帯しており(国内は利用付帯)、航空機の遅延や手荷物の紛失などで2~4万円の補償を受けられる。ゴルファー保険も、最高1億円まで付帯しているが、ホールインワンやアルバトロス費用は補償されない。

ショッピング保険も付帯しており、購入日から90日間における購入商品の損害に対して、年間500万円(自己負担3000円)が補償される。
海外のみならず国内でも、さらにリボ払いでなくて1回払いでも補償の対象だ。

申込方法

インビテーションのほか、JAL・JCB保有者は公式サイトからの切り替え申し込みも可能だ。

button_HP

JCBザ・クラス

JCBザ・クラス

年会費

本会員の年会費は5万円だが、家族カードは8枚まで発行可能で、しかもその全てが年会費無料と、太っ腹である。義理の両親など、本会員と名字が異なっても家族カードを発行できる。

さらに、ETCカードも年会費、発行手数料ともにかからない。

ポイント

1000円利用ごとに「Oki Dokiポイント」が1ポイント貯まる。1ポイント=5円相当なので、ポイント還元率は0.5%と平凡である。年間利用額に応じてポイント付与率がアップするのだが、そのアップ率はJCB一般カードやゴールドを遥かにしのぐ。

ポイントの有効期限は5年と長めなので、じっくり貯めて他のポイントへの移行(還元率最高0.5%)やギフトカード(還元率最高0.6%)に交換しやすい。

サービス

24時間365日対応のコンシェルジュデスクが設置されている。ブラックカードのコンシェルジュに匹敵する良質のサービスだ。

ディズニーランドやUSJ、京都にあるJCBラウンジも利用可能、さらに、対象のレストランで2名以上のコース料理を注文すると、1名分が無料になったり、ザ・クラス会員限定で一見さんお断りのお店や人気店の席を用意してくれたりする。

そして、ザ・クラス限定のサービス「JCBプレミアムステイプラン」では、日本各地の源泉宿泊施設に優待価格で宿泊可能だ。

保険

JCBザ・クラスには、以下のような海外旅行保険が自動付帯する。

補償内容 上限金額 家族特約
死亡・後遺障害 自動付帯:5000万円
利用付帯:5000万円
1000万円
傷害・疾病治療 1000万円 200万円
救援者費用 1000万円 200万円
賠償費用 1億円 2000万円
携行品損害 100万円
(自己負担3000円)
100万円
(自己負担3000円)

このカードにも家族特約が付いているが、カード会員との間に差が目立つ。国内旅行傷害保険も自動付帯だが、家族特約はない。

補償内容 上限金額
死亡・後遺障害 1億円
入院日額 5000円
通院日額 2000円
手術 20万円

格下ともいえる「JAL・JCBプラチナ」よりも補償内容は劣っているが、航空機遅延保険も国内外ともに自動付帯しており、航空機の遅延や手荷物の紛失などで2~4万円の補償を受けられる。

ゴルファー保険も、最高1億円まで付帯しているが、海外ではホールインワンやアルバトロス費用は補償されない。ショッピング保険も付帯しており、購入日から90日間における購入商品の損害に対して、年間500万円(自己負担3000円)が補償される。

海外のみならず国内でも、さらにリボ払いでなくて1回払いでも補償の対象だ。

申込方法

ザ・クラスはインビテーションが唯一の道だ。かつて一般申込ができた時代の条件は、40歳以上、年収1200万円以上、JCBカード保有歴3年以上、年間100万円以上の決済を2年以上であった。

現在では多少条件がゆるくなっているものの、実はアメックス・プラチナよりもハードルは高い。

button_HP

JCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カード

年会費

年会費は1枚目が3万円、2枚目以降は1枚につき6000円だ。ETCカードの年会費、発行手数料も無料な上、1枚のJCBプラチナ法人カードで、複数のETCカードを発行できるのが、法人カードらしい。

ポイント

1000円利用ごとに「Oki Dokiポイント」が1ポイント貯まる。1ポイント=5円相当なので、ポイント還元率は0.5%である。有効期限は5年間だ。

サービス

他のJCBプラチナカードのサービスはもちろん、法人カードならではのサービスも受けられる。その一つが「カーアクシデントケア制度」だ。

交通事故での入院、車内の携行品損害、ETCゲート通過時の事故、高速道路での車両故障で、5万円のお見舞い金がもらえる。また、法人向けの福利厚生サービスも受けられ、国内宿泊施設や映画館の割引などを受けられる。

保険

JCBプラチナ法人カードには、以下のような海外旅行保険が自動付帯する。

補償内容 上限金額 家族特約
死亡・後遺障害 1億円 1000万円
傷害・疾病治療 1000万円 200万円
救援者費用 1000万円 200万円
賠償費用 1億円 2000万円
携行品損害 100万円
(自己負担3000円)
100万円
(自己負担3000円)

国内旅行傷害保険も自動付帯だが、家族特約はない。

補償内容 上限金額
死亡・後遺障害 1億円
入院日額 5000円
通院日額 2000円
手術 20万円

ショッピング保険も付帯しており、購入日から90日間における購入商品の損害に対して、年間500万円(自己負担3000円)が補償される。
海外のみならず国内でも、さらにリボ払いでなくて1回払いでも補償の対象だ。

申込方法

JCBプラチナ法人カードは、一般申込が可能だ。申込の際は、本人確認書類に加えて、登記簿謄本などが必要となる。

決算書は基本的には必要ないが、審査によっては必要となるかもしれない。

koushiki-200-40
shousai-95-40

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費

セゾン・プラチナの年会費は2万円、家族カードの年会費は3000円と、プラチナカードの中では最安値の部類に入る。ETCカードももちろん、完全無料だ。

ポイント

1000円利用ごとに、「永久不滅ポイント」が1.5ポイント貯まる。一般のセゾンカードの1.5倍多く貯まり、1ポイント=5円相当なので、ポイント還元率は0.75%だ。

さらに、セブンイレブンでセゾン・プラチナを利用すると、ポイント還元率は1.75%にまで上がる。貯まったポイントは、ギフト券(還元率0.5%)やポイント移行(同0.5%)に交換可能だ。ポイントの有効期限がないため、気長に貯められる。

サービス

セゾン・プラチナは、高級なサービスと庶民的なサービスの両方を受けられる、

まず高級なサービスとしてあげられるのは、24時間365日対応の専用デスクによるコンシェルジュサービスだ。主に、旅行関連の予約や手配をしてくれる。また、プラチナならではのプライオリティ・パスももちろん無料で付いてくる。プロパーのアメックスにも付いている、「アントレ」という航空・ホテルなどの優待サービスも利用可能だ。

一方、庶民的なサービスとしては、毎月5・20日は西友・リヴィン・サニーで5%オフ、マイ対5日はパルコで5%オフ、月末の金~日曜日はロフトで5%オフの特典がある。

保険

セゾン・プラチナには、以下のような海外旅行保険が自動付帯する。

補償内容 上限金額 家族特約
死亡・後遺障害 1億円 1000万円
傷害・疾病治療 300万円 300万円
救援者費用 300万円 300万円
賠償費用 5000万円 5000万円
携行品損害 50万円
(自己負担3000円)
50万円
(自己負担3000円)

このカードにも家族特約が付いており、家族特約との差が少ない。国内旅行傷害保険も自動付帯で、家族特約も付いている。

補償内容 上限金額 家族特約
死亡・後遺障害 1億円 1000万円
入院日額 5000円 5000円
通院日額 3000円 3000円
手術 20万円 20万円

航空機遅延保険は、3万円が補償される。ショッピング保険も付帯しており、年間300万円が補償される。

セゾン・プラチナが優れているのは、他のプラチナではある自己負担金がないこと、そして補償してくれる日数が「購入から120日」と、長く設定されていることだ。海外のみならず国内でも、さらにリボ払いでなくて1回払いでも補償の対象だ。

申込方法

セゾン・プラチナは公式サイトからの申し込みが可能。セゾン・プラチナが審査で比重を置いているのは、年収ではなく年間利用金額だ。セゾン・ゴールド・アメックスを年間100万円以上利用していれば、招待が届く可能性は十分にある。

入会キャンペーンも実施するので、それを利用して申し込むと、ゲットできる可能性は高くなる。

button_HP

まとめ

プラチナカードを比較すると、最もハードルが低いのが「MUFGプラチナ」「セゾン・プラチナ」である。旅行に頻繁に行く方なら、「JAL・JCBプラチナ」「アメックス・プラチナ」もいいだろう。旅行には行かないが日常的に特典や優遇を受けたい方は、「三井住友プラチナ」も選択肢である。

どのプラチナカードを選ぶにしても、事前の利用実績が物を言う。インビテーションの必要なアメックス・プラチナは、特にグリーンやゴールドでの利用実績が重要だ。

何れにせよ、確実な利用実績を作ってから、インビテーションを待ったり申し込みをしたりしよう。

Pocket