イギリスのクレジットカード事情 注意点や使える国際ブランド、留学におすすめのカードなど

Pocket

旅行先としてはもちろん、留学先としても人気の国、イギリス。そんなイギリスは、日本よりずっとクレジットカード利用が進んだ国だ。

ICチップ付きのカードが普及しており、国際ブランドとしてはVISAとマスターカードが主流だ。

イギリスを訪れるならVISAかマスターカードどちらかは持って行くべきだろう。

そんなイギリスのクレジットカード事情と、特に留学する学生におすすめのカードとして「三井住友VISAカード(学生)」「エポスカード」を紹介していく。

イギリスではカード払いが主流

イギリスではクレジットカードが普及しており、スーパーや飲食店、百貨店をはじめとして、駅や郵便局、その他多くの店で利用できる。

カードが利用できる店舗では、対応している国際ブランドのロゴが提示されている。

スキミング対策にもなるICチップ付きのカードが主流で、決済時に暗証番号の入力を求められる。

暗証番号を忘れないことはもちろん、他人に暗証番号を知られないよう入力時に手で隠すなど、このあたりは日本での注意点と同様だ。

ICチップ付きでない(磁気式)カードも、使えないことはないが、不正利用を防ぐためにもICチップ付きのカードがおすすめだ。

イギリスに限らず海外旅行の機会の多い人は、ICチップ付きクレジットカードを作っておいた方が良い。

その他の注意点として、支払前に支払通貨金額を確認しておくと安心だ。

円払いだと店舗独自の交換両替手数料などが加算されることがあるため、その場合はポンド払いを選んだ方が良い。

また、金額に誤りがないかの確認も、トラブルを防ぐために大切だ。

さらに、クレジットカードが利用できないこともあるので、多少の現金も持っておいた方が安心だろう。

現金の注意点として、高額の50ポンド紙幣はより少額の紙幣に交換してもらおう。

50ポンド紙幣はあまり流通していない紙幣で、偽札であることを疑われて支払いを拒否される恐れがある。

利用できる国際ブランド

イギリスは、VISAマスターカードが主流だ。特にVISAがあれば安心できる。

一方、JCBやアメックスは利用できない可能性があるので、もし普段これらのブランドのカードを利用している場合は、気軽に申し込める年会費無料のVISAカードを申し込んで持って行くことをおすすめする。

デビットカードの利用率が高い

実はイギリスでは、クレジットカードと同様、もしくはそれ以上に、デビットカードがよく使われている。

クレジットカードと違い、即時決済で銀行口座からお金が引き落とされるデビットカードは、クレジットカードよりも簡単に作ることができ、お金を管理しやすく、使い過ぎを防ぐことができる。

ただし、不正利用時の補償や、ポイント還元率などの点では、クレジットカードの方が優れている。

デビットカードが使える店舗では、同じ国際ブランドのクレジットカードも利用できるので、旅行や留学の際にはクレジットカードを持っておけば十分だろう。

チップをカードで支払えるか

イギリスでは、アメリカほど頻繁にチップを支払う習慣がないが、ホテルで荷物を運んでもらった時や、テーブルサービスがあるきちんとしたレストラン、タクシーなどでチップを支払うことが多いようだ。

ホテルのベッドメイクやカフェやファーストフードなどカジュアルな飲食店ではチップを支払う必要はない。

レストランのチップは、クレジットカードで支払うこともできる。

請求書が来た際に、サービス料としてチップの代金が含まれている場合と、自分でチップの額を記入する場合とがある。

後者の場合、記入したチップの額を含んだ代金がクレジットカードで決済される。

クレジットカードが使えないケース

多くの店でクレジットカードを使えるイギリスだが、露店での買い物や手渡しするチップ公衆トイレタクシーなど現金払いが必要なケースもある。

また、電車やバスといった公共通機関については、日本でいうSuicaのようなプリペイド式の電子マネー「オイスターカード」が便利だ。

オイスターカードにはクレジットカードでチャージすることもできる。

現金が必要な時はキャッシングも便利

イギリスで現金が必要な場合、両替よりもキャッシングの方が得になることが多い。

出国前に、手持ちのクレジットカードでキャッシングができるか、また、ショッピング利用額と合わせたキャッシング限度額も確認しておこう。

必要であれば、限度額は一時的に引き上げることもできる。

キャッシングは、PLUSマークのついているATMで可能だ。

ATMは国際空港やショッピングセンター、地下鉄駅など多くの場所に設置されている。

銀行のATMは24時間利用が可能で便利。キャッシングにもショッピングと同様、暗証番号が必要となる。

キャッシングには利息が発生するため、帰国後はすぐに一括返済することも忘れずに。

また、留学などで1年以上イギリスに滞在する場合は、イギリスに口座を作っておくと便利だ。

カード利用時は目を離さない

イギリス、特にロンドンでは、残念ながら観光客を狙った窃盗や詐欺が多く起こっている。

クレジットカードでのショッピングにしろ、キャッシングにしろ、カード利用時にはカードから目を離さないことが重要だ。

警官を装ってカード提示を求めてくるケースもあるようだが、本物の警察官がパスポート以外の提示を求めることはないので、カードから目を離さないこと、暗証番号を他人に知られないようにすることを徹底してほしい。

学生の留学におすすめのクレジットカード

三井住友VISAカード(学生)

三井住友VISAカードクラシック

学生専用の三井住友VISAカード

在学中は年会費無料、海外旅行保険やサポートが充実している、信頼と実績のあるカード。

年会費 在学中無料
還元率 0.5%~10%
海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ブランド VISA
koushiki-200-40
shousai-95-40

エポスカード

エポスカード

年会費無料で優待多数!即日発行にも対応

10,000店舗以上の優待があり、海外旅行保険も付帯。日常生活でポイントの貯まりやすいカード。

年会費 無料
還元率 0.5%
海外旅行保険 最高500万円(自動付帯)
ブランド VISA
koushiki-200-40
shousai-95-40

Pocket

こちらの記事も読まれています