dカードゴールドって本当にお得?機能、サービス、審査基準まとめ

Pocket

dカードはdポイントカードにクレジット機能がついたカードだ。

dポイントカードはNTTドコモが無料で発行しているポイントカードで、対象店舗で提示するとポイントが貯まる。

貯まったポイントは対象店舗での買い物や携帯料金の支払い、データ追加料金に使うことができる。

dカードには一般カードとゴールドカードとがある。本記事では、dカードゴールドの機能やサービス、審査基準についてまとめる。

基本スペック

dカードゴールド

年会費 10,000円(税抜)
ポイント還元率/th>

1.0%〜10%
ブランド VISAMasterCard
電子マネー iD
ETCカード 初年度年会費無料
※2年目以降:500円(税抜)
※年1回の利用翌年無料
家族カード 1枚目無料
2枚目以降:年会費1,000円(税抜)/枚
旅行保険 国内:最高5,000万円(利用付帯)
海外:最高1億円(うち5,000万円が利用付帯)
koushiki-200-40
shousai-95-40

お得で安心なサービス

dカードゴールドで受けられるサービスは次の通り。

  • ドコモの携帯電話料金、ドコモ光の利用料金はポイント10%還元
  • dカードケータイ補償が3年間最大10万円つく
  • 海外旅行保険が最大1億円補償、家族も補償あり
  • 海外旅行時にVJデスクが利用できる
  • 国内28空港のラウンジ利用が無料、USJのラウンジ利用可能
  • dカード特約店ではポイントアップ
  • ローソン、マクドナルドで最大5%割引
  • 映画割引などの特典が受けられるスペシャルクーポンが購入できる

それぞれのサービスについてさらに詳しく解説していく。

ドコモ携帯利用料金は10%還元

ドコモの携帯電話利用料金1,000円につき10%のポイントが還元される。

月々5,000円の利用でも1年で6,000ポイント貯まる計算となり、日常的に携帯を使用しているだけで大きなポイント獲得が見込めるのがうれしい。

家族カードを発行していれば、家族の利用料金も本会員と同じ条件で10%還元が受けられる。

また、家族の利用料金はdカードゴールド以外のカードで支払ってもポイントが還元される。

注意したいのは携帯電話利用料金といっても、請求金額の10%ではない点だ。

各種割引サービス適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料、ユニバーサルサービス料がポイント還元の対象となる。

各種手数料やd払い利用分(携帯決済)、端末代金の割賦は対象とならない

特に端末代金は分割払いで購入する人が多く、月々の利用料と合わせて請求されるため、混同しないよう注意してほしい。

また、10%のポイント還元は1,000円区切りのため、各種割引サービスを適応した後の金額が1,000円以下になる場合には切り捨てされる。

ケータイ補償が3年間最大10万円

携帯電話端末の購入から3年以内に紛失や盗難、修理不能の破損などで使用できない状態になった場合、同じ機種・同じカラーの端末購入代金が最大100,000円補償される。

家族会員でも本会員と同じ補償を受けられるのは心強い。

ただし、ケータイ補償利用後1年以内に再度補償を受けることは出来ないので注意しよう。

同じ機種・同じカラーが店舗にない場合は店舗の判断で補償する機種が決められるため、事前にショップに確認したほうが良いだろう。

海外旅行保険が最大1億円

海外旅行保険は利用付帯で最高1億円(うち5000万円は自動付帯)の補償が受けられる。補償金額は異なるが家族会員も補償の対象となる。

救援者費用、賠償責任、携行品の損害などに対する補償もある。

また、空港便遅延費用特約により乗継遅延には20,000円手荷物遅延には10,000円を限度にホテル代や食事代、衣料品の購入費用が補償される。

国内の旅行については利用付帯で最高5,000万円の補償が受けられる。

VJデスクが利用可能

世界各国の主要都市に設置されているVJデスクでは、現地レストランやホテル情報のインフォメーション、予約、通訳やガイドの手配の他、カードや携行品の紛失・盗難時などトラブルが起きたときのサポートも行っている。

国内28空港のラウンジ利用が無料

国内28空港のラウンジ利用が無料

また、空港ではないが、USJ内のドコモラウンジが利用可能だ。アトラクションの優先乗車などの特典もある。

特約店でポイントアップ

dカード特約店では通常のポイント還元率1%に加えて、1%~のポイントがプラスされる

特約店は旅行代理店や百貨店、レストラン以外をはじめ、タクシーや引っ越し業者まで幅広い。

ローソン、マクドナルドで最大5%割引

ローソン、マクドナルドではカード提示で1%、dカード利用で1%のポイント還元と3%の割引が受けられ、合計5%の割引が受けられる。

スペシャルクーポンが購入できる

dポイントクラブにはレギュラー、ブロンズ、シルバー、ゴールドの4つのステージ(会員ランク)がある。

dカードゴールドを持っている人はゴールドステージとなる。

ブロンズ以上の会員は全国1,500店舗以上の対象店舗、映画館、アミューズメント施設などで利用できるスペシャルクーポンを購入できる。

例えば、イオンシネマでは映画観賞券が1,800円から1,100円に、新江ノ島水族館では入館券が2,100円から1,575円になるなど、割引率が高くお得なものが多い。

審査基準

dカードゴールドの審査基準は、公式サイトにある次の「入会条件」を満たしているかが基準となる。

  • 個人名義であること(法人名義は不可)
  • 満20歳以上(学生不可)で、安定した継続収入があること
  • 支払い口座が本人名義であること
  • その他NTT DOCOMOが定める条件を満たすこと

年収について具体的な記載はないが、「安定した継続収入があること」の一文がある。

会社員であれば問題ないだろう。個人事業主でも確定申告を行い、安定した収入があることを示すことができれば問題ないと予想される。

ゴールドカードは職業や勤続年数、ローン・借金の有無だけでなく、クレヒス(クレジットカードヒストリー)が大切だ。

しかし、総合的に見れば、ゴールドカードとしての一般的な審査はあるが、特別厳しい審査基準ではないと言えるだろう。

申込方法

申し込み方法は下記の3通り。

  • インターネット申し込み
  • 郵送申し込み
  • ドコモショップの店舗申し込み

カードが手元に届くのは申し込み日から最短5日だが、審査状況によっては2週間程度かかることもある。

ドコモユーザーにおすすめ

dカードゴールドは年会費10,000円とゴールドカードとして一般的な年会費だが、大きなポイント還元が受けられる入会キャンペーンもよく開催している。

ドコモユーザーなら年会費を支払ってもそれ以上のサービスや特典を受けられるはずだ。

Pocket

こちらの記事も読まれています