割り勘アプリ「paymo(ペイモ)」「Kyash(キャッシュ)」は便利?使い方と注意点

Pocket

スマホ

飲み会や合コンで割り勘をするとき、キャッシュレスでお金のやり取りができるアプリ、それが割り勘アプリだ。

支払いが楽になることに加え、クレジットカード決済でポイントを貯められるメリットもある。

今回は、割り勘アプリの中でも人気の「paymo(ペイモ)」「Kyash(キャッシュ)」の仕組みや使い方、注意点について解説する。

先にメリットをあげると、どちらも無料で利用でき、本人確認など面倒な手続きが不要で、使い勝手がいい。

また、それぞれ違う特徴としては、paymoはレシートの写真を送るだけでお金の請求ができるという点、Kyashは受け取ったお金をオンラインストアやコンビニ、スーパーなどで使えるという点があげられる。

割り勘アプリの魅力

飲み会や合コンで幹事を務めたとき、全員分の飲食代を立て替えて、あとで請求するというケースがほとんどではないだろうか。

しかし、おつりがなかったり、先に帰った人の分を請求し忘れてしまったり、集計した金額が合わないなど、面倒なことが起こりやすい。

そんな時に便利なのが、スマホ一つでのお金の請求や送金ができる「割り勘アプリ」だ。

いくつかある割り勘アプリの中でも有名なのが「paymo(ペイモ)」「Kyash(キャッシュ)」だろう。

paymoとKyashは、請求された側もクレジットカードで支払うことができるため支払いが楽で、カード払いでポイントを貯めることができるという大きな魅力があるのだ。

paymoの特徴

paymoの特徴はお金の請求時にレシートを撮影することだ。

請求したい人を選んで金額を入力して送るか、もしくはQRコードを表示して読み取ってもらうことでも請求できる。

請求を受けた相手はクレジットカード決済、またはpaymo内の残高やポイントで支払う。

支払いが完了したら、請求した人のMy残高にお金が送金される。

貯まったお金は、次回の割り勘時に使ったり、銀行口座への振り込み依頼で現金として引き出せる。

メリット

面倒な本人確認や手続きが不要

paymoをダウンロードしたら、名前やメールアドレス、電話番号などを登録すれば会員登録が完了。本人確認書類などは必要ない。

ダウンロードから利用開始まで約1分あればOKなので、飲み会中でもすぐに使い始めることができる。

全員がクレジットカード決済できる

paymoでは、参加者全員がクレジットカード決済を行うことができる。

VISAまたはMastercardに対応しており、決済手数料も不要。

VisaやMasterCardのロゴがついているカードであれば、プリペイドカードデビットカードも使うことができる。

JCBやAmericanExpressは未対応なので注意が必要だ。

少額でもクレジットカード決済を行えば、参加者全員がポイントを貯めることができる

そしてお互いにキャッシュレスでお金のやり取りができるため、煩わしさがない。

お金を立て替えた側も立て替えてもらった側にとっても、便利なツールだ。

ダウンロード方法と使い方

paymoはiPhone、Androidの両方に対応している。利用は無料

SMS認証を行っているので、電話番号を入力後、送信されたコードを入力する。

その後はFacebookで簡単設定または手入力でアカウント情報を入力する画面に移る。

名前や生年月日、パスワードなど基本情報を入力したら登録は完了。

お金を請求したいときは、スマホでレシートを撮影して、宛先と金額、一言メッセージを入力して送信しよう。

なお、お金を支払う側もアプリをダウンロード、登録しておく必要がある。

注意点

1か月以内のレシートが必須

paymoを使って参加者にお金を請求するには、発行されてから1か月以内のレシートが必須となる。

レシートがないと請求手続きができないので、紛失には気をつけよう。

また、店名や発行された日、金額が分かるレシートでなければ再提出を求められる恐れもあるので注意しよう。

ちなみに、請求金額は1円単位まできれいに割り勘にしなくても、請求したい金額を自由に設定することができる

My残高の有効期限は1年

paymoのMy残高に貯まったお金は、送金されてから1年経過してしまうと消滅する

銀行振り込みまたはpaymoでの割り勘時に使うようにしたい。銀行振り込みを希望する場合は、手数料が200円かかるのである程度の金額が貯まってから申請しよう。

Kyashの特徴

paymoと同じく、簡単な手続きで登録でき、請求された側はクレジットカードで支払うことができる。

キャッシュレスでやり取りができてポイントも貯められる。使えるカードは、VisaMasterCard

プリペイドカードデビットカードも使うことができる。

paymoと違う点は、請求にレシートが必要ないということ。また、アプリ内でバーチャルカードが発行され、Kyash以外の買い物などにも利用できる

請求や送金方法、残高の使い勝手という点では、Kyashの方が利便性が高い。

メリット

リンク共有のみで請求できる

Kyashは、FacebookやLINE、メールで共有できるリンクにより請求を行うので、レシートは必要ない

リンクを送られた相手は、リンク先から以降の手続きができる仕組みになっている。

残高を買い物に使える

Kyashでアカウントを作成すると、アプリ内でバーチャルカードの「Kyashカード」が無料で発行される。

「Kyashカード」はVisa加盟店のオンラインストアや全国のコンビニ、スーパーで使える

amazonや楽天、ZOZOTOWNなどのオンラインストアのほか、モバイルSuicaやStarbucks Cardなど、プリペイドカードにチャージをすることも可能

ダウンロード方法と使い方

KyashもiPhoneAndroidの両方に対応しており、無料で使用できる。

Facebookまたはメールアドレスで登録し、続いて電話番号でのSMS認証を行う。

認証が完了すれば、早速請求と送金手続きができる。

請求時は、アドレスの中から送信先を選び、金額とメッセージを入力して送信すれば請求手続きが完了する。

FacebookやLINEで連絡を取りたい場合は、「請求リンクを作成」ボタンを押すことで自動生成されたリンクを送れる。

相手が支払いを完了したら残高に入金されるので、Kyash内での割り勘や買い物時に使えるようになる。

注意点

現金を引き出せない

Kyashは、残高を銀行振込で引き出すことができず、Kyash内での送金や「Kyashカード」で使うことになる。つまり、現金として引き出すことができない

しかし、KyashカードはVisa加盟店で使用できるため、利用できる範囲自体は広い。

また、paymoと違って残高の有効期限がないので、ゆっくりと利用することができる。

まとめ

割り勘アプリのpaymoやKyashは、飲み会で割り勘にしたいときのお金のやり取りが簡単にできる。

参加者全員がクレジットカード決済できるので、キャッシュレスで支払うことができ、ポイントも貯められる。

少額の支払いでもクレジットカードやデビットカードが気軽に使えて、便利なアプリだと言える。

割り勘をする機会が多い人は、試してみてはいかがだろうか。

Pocket