ApplePayを実際に使ってみてのレポート

Pocket

ApplePayが10月25日より日本でスタートした。筆者もApplePayに惹かれて初めてiPhoneへ機種変更をしたユーザーの一人だ。サービス開始初日はアクセスが殺到してなかなか繋がらないことも多かったが日が経ち落ち着いてきたようなので実際に使ってみた感想を書いていく。

ApplePayにクレジットカードを登録してみよう

まずはクレジットカードの登録だ。筆者のメインのクレジットカードはどれもVISAブランドとなっているので唯一持っているJCBブランドカードの楽天カードで登録をしてみる。

0001

まずはiPhone画面内のWalletをタッチする。iPhone7以外では映画、搭乗券のパスを登録する機能しかないが、iPhone7ではPayという画面が出るはずだ。
0002
Pay画面のカードを追加という欄、もしくは右上のプラスボタンをクリックするとカードを登録が始まる。
0003
ApplePayの説明があり
0004
登録するカードの種類を選択する。現状はSuicaとクレジットカードが選べるが今回はクレジットカードを登録するのでチェックを入れて次へ。
0007
クレジットカード登録を選択するとカメラが起動するのでこの枠の中に用意したクレジットカードが入るように写す。
0008
そうすると自動的にクレジットカードの番号と有効期限が画面上に表示される。うまく読み込んでくれない場合は手入力も可能だがほぼ大丈夫だろう。

0009
番号が読み取られると自動的に次の画面に移り、名義を入力する画面になる。名義は手入力となっている。
0010
有効期限は自動入力されているのでセキュリティコードを入力する。
0011
ちょっと長い利用規約を確認して次へ。
0012
そうするとカードの登録が始まるのだがこの作業に少し待ち時間がかかる印象だった。とは言っても1~2分といったところだろうか。ユーザーやカードによって違うと思われる。
0013
登録が完了すると上のような画面が出て支払い時にどの電子マネーとして利用出来るのか分かるようになっている。楽天カードはQUICPayのようだ。
0014
カードの登録が終わるとクレジットカードへの認証が始まる。認証方法はスマホの番号に送られてくるSMS(ショートメッセージサービス)か直接カード会社の自動音声案内に電話を行い認証する2通りの方法がある。今回はSMSを選択する。

00170018
すぐにスマホ宛に画像のようなSMSがくるので認証番号を入力する。
0019
これで認証も完了しはれてクレジットカードの登録は終わりだ。ホーム画面からWalletアプリを起動する。
0026
上のように登録されたカードが表示されている。ここまでに掛かった時間はゆっくり確認しながら作業して10分掛からないくらいだった。入力としては名義とセキュリティコード、クレジット会社との認証時の番号入力くらいで半自動的に登録が済むのはすごく楽な印象だ。

ApplePayにSuicaを登録してみよう

次にSuicaを登録してみる。登録画面は先程のクレジットカード同様Walletアプリを起動させてPayの方のプラスボタンをクリックする。
0004
この画面でSuicaを選択する。
00270039
次の画面でカード番号の下4桁と生年月日(任意)を入力する。Suicaの番号は裏面を見れば記載されている。裏面の番号は上に表記されているものと下に表記されているものがあるが、下に表記されている番号の下4桁を入力する。
0028
クレジットカードの時と同様に利用規約が出るので確認して次へ。
00290030
上の画面が出たらiPhoneの下にSuicaカードを置くと転送が始まる。
0032
転送はすぐ完了して上の画面が出れば終了だ。
0033
エクスプレスカードに登録されましたという画面が出る。これはApplePayの支払い時は通常TouchIDという指紋認証を行った後で支払いが可能となるのだがSuicaは、その認証をスキップして改札を通ることが出来るのだ。逆に言えばSuicaに関してはセキュリティが甘くなってしまうということに注意して欲しい。ちなみにこの設定は設定画面の中のWalletとApplePayの項目でTouchID有りに変更できるので心配な方は確認してみてほしい。
00340035
登録が完了するとクレジットカードと同様にWallet内に画像が表示される。
筆者はSuicaを使っていなく残金は3円だったのだが503円になっている。これはカードを作ったときの預かり金(デポジット)が自動的に戻ってきたということだ。これで完全にカードのほうのSuicaは使えなくなった状態となる。クレジットカードと比べて1~2分程で済みとても簡単だ。ちなみに現状Suica以外は登録不可とのアナウンスがなされているが実際にはどうなるのか確認してみた。
0036
筆者の手元にあった西日本で発行しているICOCAを試しに登録してみる。手順は先程と同様だ。もちろん番号もSuica同様ICOCAも同じ場所にあるので入力してiPhoneの下においてみる。
0037
そうすると上の画面のようにエラーが出て登録が出来ないことがわかる。これはPASMOでも同様だった。

ApplePayを実際に使ってみよう

ではクレジットカードSuica共に登録が済んだところで実際に使ってみようと思う。

Suicaで電車に乗ってみよう

先程のデポジットからSuicaの金額は500円はあるのでまずは改札に向かう。ドキドキしながら改札にタッチするとあっさり通ることが出来た。iPhoneは画面を落としていてもアプリを使っていてもタッチするときにはSuicaが自動的に立ち上がって支払いをしてくれた。ちなみに先程登録したSuicaカードも改札に通してみたがもちろん使うことは出来なくなっていた。
00450046
画面は上のように表示され、ホーム画面では交通機関を利用中であることを表示してくれる。
0044
目的地に着き改札を出ると上のようにどこで乗ってどこで降りたのかが分かるようになっている。※画面表記ではTouchIDの認証が出ているが特に認証は不要で、改札にタッチするだけでOKだ。
ちなみに残高不足の場合は通常のSuica同様改札が鳴り通れない。表示も残高不足と出る。そこでチャージが必要となってくるのだ。

Suicaにチャージしてみよう

次はチャージをしてみる。
0035
右下に「i」のマークがあるのがわかるだろうか。それをクリックする。
0040
真ん中にチャージという項目があるのでそれをクリックする。
0041
そうすると金額を入力する画面が出る。金額は1円単位でチャージが出来る。筆者も試したところたった1円でもしっかりチャージされていた。
金額を決め右上のチャージを押す。
00560050
チャージを押すとクレジットカードでの決済が始まる。ここではTouchIDでの認証が必要だ。また利用したいクレジットカードを選択したい場合はカードをクリックすればApplePayに登録されたクレジットカードが一覧で出てくるので好きなカードを選ぶことが出来る。これで認証されればチャージ完了だ。特に手間は無いので改札で残高不足で引っかかってもすぐにチャージで改札を出ることが出来るはずだ。

Suicaで買い物

Suicaは交通系の支払い以外にも買い物に利用が可能だ。もちろんApplePayのSuicaでも買い物は可能だった。少し不安に感じたのはSuicaはデフォルトでエクスプレスカードという指紋認証が不要な設定になっているのだが買い物でも特に認証が必要なく支払いが出来てしまう。これは改札内だけでなく改札外のコンビニ等でも同じように利用出来る。Suicaをエクスプレスカード設定にしている時は特に紛失に気をつけて欲しい。不安な方はSuicaのエクスプレスカード設定をOFFにすることをお勧めする。

QUICPay・iDで買い物

QUICPay・iDでの買い物はとても簡単だった。特にチャージなどは不要でコンビニ等で「支払いをQUICPay or iDでお願いします」と伝えレジ横の端末にタッチするだけだ。
0060
画面が立ち上がり指紋認証TouchIDを通せばそれで支払いが完了する。筆者の場合たまたまなのか指紋認証が通りづらく少し戸惑ってしまったが普段から指紋認証が通る方は問題ないだろう。レシートはもちろんQUICPay払いと記載されていた。

アプリ内での支払いに使ってみよう

アプリ内でApplePay払いが可能となっている「出前館」でピザの注文を行ってみた。
0051
出前館のアプリは登録した住所の近くにあるものを優先して表示してくれる。また店舗によってどんな支払い方法が出来るかをリスト内に表示してくれる。今回はApplePay払いを利用したいのでPayマークがある店舗を選ぶ。
00520054
商品を選んで支払い時にPayを選択する。
0055
Suicaのチャージと同様の画面が出てくるのでTouchIDで指紋認証を行い支払いは完了だ。
0057
ちゃんと届くのか不安だったが、無事受け取ることが出来た。レシートを確認するとD-クレカという表示になっているのがApplePay支払いということなのだろう。

ApplePayのギモン

ApplePayを利用していて少し疑問に思ったことを確認してみたので同じ疑問を持った方は参考にして欲しい。

1.電源が切れた状態でもApplePayは使えるの?

電源がOFFの状態また完全に電池を消耗した状態ではApplePayは利用できない。改札に入った後、電源が切れてしまった場合、改札を出る際に現金で清算をしなければならないので注意が必要だ。
移動中に端末の電源が切れた場合

2.スマホが圏外の場合はどうか?

圏外の場合でもApplePayは使える。ただしチャージは出来ないので圏外で利用が想定される場合、残高に余裕を持ったほうが良い。QUICPay・iDは圏外での利用は可能なようだがアプリ内の決済はアプリよって違うようだ。

3・iPhoneを紛失したら?

iPhoneを紛失した場合、、iCloudや「iPhoneを探す」アプリからウォレット内のカードの一時停止や削除を行うことが可能だ。ApplePayの決済には基本的にTouchIDの指紋認証が必須なのでカードの利用停止をしている間に使われるということも無いだろう。またこの停止利用はあくまでApplePay内での利用停止であるため元のクレジットカードは利用出来るという点はうれしい。ただしSuicaの利用方法の項目で伝えたようにSuicaをエクスプレスカード機能有効で利用していた場合、Suicaの残高分は承認無しで支払いに利用できてしまうため注意が必要だ。

4.登録したSuicaやクレジットカードは削除できるの?

登録したカードの情報は削除可能だ。Walletアプリを開き、Payのカードを選択し右下の「i」ボタンをクリックすると詳細画面が現れる。その画面の一番下にカードを削除するというボタンがある。
0058
これをクリックすることによりカード情報の削除が可能となっている。

まとめ

ApplePayを実際に使ってみての個人的な感想だが生活がスマホ一つで事足りてしまうというのはかなり利便性が高いと感じた。特に手ぶらで歩きたいとき、どうしても財布とスマホの二つは持たなくてはいけなかったのがスマホだけですんでしまうのだ。まだまだ利用出来るものが少ないがアプリ内で決済できるというのもかなり良い。これからどんどん増えていくことに期待したい。

Pocket