アコム(AC)マスターカードの申し込み、審査、返済のポイント

Pocket

acom-point-eyecatch

アコムマスターカード(正式にはACマスターカード)は三菱UFJフィナンシャルグループのアコムが発行するクレジットカードである。

アコムは以前は消費者金融ということでマイナスイメージもあったが、現在ではより安心で丁寧なサポートをしてくれる会社でもあり、以前に比べて消費者の安心感も高まっている。

安定した収入があれば、学生、主婦、アルバイト、パートや派遣社員まで申し込みが可能という幅の広さに加えて、年会費無料で即日発行可能というメリットが加わり、今注目のクレジットカードの一枚である。

今回はそんなアコムマスターカードの審査や申し込み、返済などカードを申し込むにあたって抑えておきたいポイントを解説する。

アコムマスターカードは通常のクレジットカード?

アコムマスターカードは消費者金融アコムが発行するクレジットカードであるが通常のクレジットカードと同じように利用することが出来る。

クレジットカードの券面にアコムなど文字は印字されていないので、普段使用する分にはそれがアコムのカードかどうか分からないようになっている。

アコムマスターカード

ちなみにこのようなカードフェイスのクレジットカードはアコム以外にもあるので、同じ券面だからといって即アコムマスターカードということにはならない。

発行されるカードの種類

アコムマスターカードは以下の2種類のカードから選択して申し込みすることが可能となっている。

  • カードローン付き(キャッシング)カード
  • ショッピング専用カード

カードローン付きカードでは、ショッピングとしてのクレジットカードの利用に加えて、このカードを利用してローンを組むことが出来る。

ショッピングとキャッシングを組み合わせた最大の上限額は最高800万円(ショッピングの上限は300万円)となっている。

カードローンというと借金をするようなイメージも強いが、要は通常のクレジットカードでいうキャッシングをするということに他ならないので、そこまで心配する必要はないだろう。

ショッピング専用カードはその名の通り、ショッピングとしてクレジットカードを利用することが出来るが、このカードを利用してローンを組む(キャッシングする)ことは出来ない。ショッピングの利用上限額は最高300万円となっている。

また、ショッピング専用カードでは海外キャッシングを利用することが出来ない。利用する予定がある場合にはカードローン付きカードを選択しよう。

この最大上限額は申し込みする人の職業や収入、利用実績に応じて変わってくるので、いきなり上限一杯になるとは限らない点に注意しよう。

アコムマスターカードの審査情報

通常のクレジットカード会社とは違い、消費者金融独自の基準に基づいた審査が行われている。

一般的にクレジットカードの審査難易度は

難易度高      難易度低
銀行系>流通系>消費者金融系

という順番であると言われており、他社のクレジットカードで申し込みできなかった方もカード申し込みをトライしてみる価値はあるだろう。

申し込みの条件は?

このカードは申し込み条件としてホームページでは以下のように案内されている。

「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」

ここで注目したいのは「安定した収入と返済能力を有する」という点である。
安定した収入とは、定期的に収入がある状態である必要があるが、最低限アルバイトでもその条件を満たす。

逆を言うと収入がないことを意味する無職の方は申し込みすることが出来ない。
また、これ以外にも70歳以上の方はローン付きカードを持つことは出来ない。

申込者の職業について

返済能力があるのであれば、主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でも申し込むことが出来る。

それぞれの職業に応じて以下のような条件がついている。

主婦

ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能(※専業主婦は除く)。
専業主婦の場合は申し込み出来ない。パートなどに出ていれば申し込むことが出来る。

学生

20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
学生であれば、アルバイトなどの継続収入があれば、利用することが出来る。

パート、アルバイト、派遣社員

安定した収入があるみなされるので利用可能。

年金受給者

年金自体は収入とみなされないので、年金受給以外に安定した収入がある必要がある。

風俗、キャバクラ嬢、水商売、ホステスなど職業でも申し込めるのか?

これらの職業でもお店への電話での在籍確認や収入証明等により在籍が確認できればOK。電話での在籍確認が難しい場合は給与明細などでも対応してくれるようだ。

繰り返しになるが判断基準はあくまでも返済能力があるかどうかということである。

但し、利用枠は最初は低く抑えられる可能性もある。また、申し込み時に記入する希望利用枠が金額50万や100万円などといきなり高額な金額を指定した場合、返済能力があるか疑われる可能性もあるので、使う見込みのない高額な利用金額を設定しないようにしよう。

審査で重視されるポイントは?

職業と収入

上記の職業の中でも、給与形態によっても審査の優先度は変わってくる。

固定給 > 時給

もちろん固定給の方が審査に有利なのは言うまでもないが、アコムマスターカードに関しては時給であっても安定した収入として見られるようである。

他社借り入れ会社数と借り入れ合計金額

こちらは申し込みページ内に設置されている3秒診断で試してみると融資可能かどうかを簡単にチェックできる。

acmastercard_3seconds

あくまで簡単なチェックなので、ここでダメであっても実際に申し込んでみると審査に通ることもありうるだろう。

今回はこの3秒チェックを利用して、いくらまでならカードを発行してもらえるかを試してみた。
3秒チェック

今回は仮の条件として、30歳、独身男性として申し込んだ。

借り入れ合計金額

総量規制で借り入れは年収の1/3までとなっている影響もあり、どんな年収であっても借り入れが1/3を超えているかどうかが判断基準となっているようである。

以前までは借り入れ社数も考慮されていた

以前はこの3秒チェックには借り入れ社数も選択肢として存在しており、4社以上からの借り入れにすると、
「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」
と表示された。3社以内であれば借り入れ金額が大きくても「融資可能」と表示された。

現在の簡易チェックでは借り入れ社数は考慮されておらず、純粋に年収の1/3以内かどうかだけが判断されているようである。

年齢を変えてもこの条件に変化はなかった。

このチェックはあくまで簡単なチェックであり。ここで融資可能と表示されても、他のステータスでカードが発行されないこともあるだろう。

逆にこの簡易チェックで融資可能と表示されなくても、カードが発行されるケースもあるだろうからあきらめないで、申し込んでみると良いだろう。

信用情報に事故情報がないことが重要

クレジットカードの利用に関する記録は信用情報機関に漏れなく登録されている。信用情報機関には、カードの発行状況や利用上限額、利用残高、返済状況などクレジットカードやローンに関する利用状況が記録されている。

信用情報機関は大きく分けて以下の3つが存在しており、それぞれの機関同士で情報が共有されている。
CIC(株式会社シー・アイ・シー):信販会社、クレジットカード会社
JICC(株式会社日本信用情報機構):信販会社、消費者金融、流通・銀行・メーカー系カード会社、金融機関など
全国銀行個人信用情報センター:金融機関

アコムマスターカードの申し込みと利用に関する記録はCICとJICCの2つの機関に登録される。

過去のクレジットカード利用などにおいて返済の遅延などがあると、この信用情報機関にその返済遅延の情報が事故情報(異動情報)として登録される。事故情報があると新たにカードの申し込みが出来ない場合がほとんどであり、アコムマスターカードも同じである。

信用情報機関に登録されている事故情報は記録期間が5年と定められているので、いつまでも残っているわけではない。
5年経てば支払遅延の記録はなくなる。

point
信用情報機関にはクレジットカードの支払以外にも、携帯の通信料金の支払に関する情報も登録されている。過去に携帯料金に支払遅延があった場合には、どうように事故情報が残っており、やはり申し込みは出来ない。
point
信用情報機関にはどのような履歴が残るのか。信用情報に何の情報が残るのか?

信用情報期間にはクレジットやローンに関する様々な情報が記録されている。カードを申し込みするとアコムはこの信用情報を参照している。

信用情報には主に以下のような情報が登録されている。
<本人特定要件>
・氏名、住所、生年月日
・電話番号
・勤務先の商号又は名称
・運転免許証の番号
・本人確認書類の番号等
※配偶者貸付けがある場合には、配偶者に関する上記の情報

<契約内容等>
・契約年月日
・貸付けの金額
・貸付けの残高
・元本又は利息の支払の遅延の有無
・総量規制の除外・例外の識別

借り入れ金額など嘘の申し込みをするとこの情報によってばれる可能性が高いので、決して嘘の申し込みをしてはいけない。

また、クレジットカードの申し込み情報は最長6ヶ月間記録されている。この6ヶ月間に何度も他のクレジットカードを申し込むとお金に余裕がないと判断され、審査で不利になる可能性もある。

申し込みの流れ

申し込みから実際に受け取るまでにはどのような流れなのかを確認しておこう。申し込み全体の流れは以下のようになっている。

①申し込み(インターネット、電話)&仮審査

②電話確認(※本人確認&在籍確認)

③本審査

④カード発行
(むじんくん)
(郵送)

申し込みの種類と方法

アコムマスターカードを申し込むには次の方法がある。

  • インターネットからの申し込み
  • 電話での申し込み
  • むじんくんでの申し込み
  • アコムの店頭窓口
  • 郵送

特にインターネットからの申し込みの場合、契約完了まで最短30分という早さで契約することもできる。また、インターネットで必要な書類のやり取りを済ませると、すべての手続きをむじんくんで行うよりもスピーディーに行うことが出来る。

在籍確認

カードを申し込むと、申込者が本当にその職場に在籍しているかどうかを確認する作業が行われる。これを在籍確認という。

在籍確認は、まずは申し込み書に記載された電話番号に本人確認の電話が行われる。
その後、会社に在籍確認が行われる。

会社への在籍確認の際は、「アコム」ということは名乗らずに、「鈴木」や「佐藤」といった個人名で電話がかかって来るので、アコムでお金を借りようとしていることがバレる心配はない。

また、電話番号も通常非通知でかかってくるので、電話番号からばれる心配もないので、安心するとよいだろう。

どうしても電話をかけて欲しくない場合にはその事情をしっかりとアコムの担当者に説明しておこう。アコムは申込者のプライバシーを守ることに関しては長けているので、親身に相談に乗ってくれるだろう。

在籍確認の最大の目的は「申込者が確実にその会社に所属していることを確認すること。」なので、例え職場に電話がかかってきた時に申込者が留守であっても「ただいま席をはずしております。」や「本日はお休みとなっております。」などの回答が得られればそれを以って在籍確認とされる。

むやみやたらにアコムの社名を名乗ったり、審査である旨をしゃべるようなことはないので安心してよいだろう。

原則として会社への電話連絡による在籍確認は行われるが、担当者の判断によっては以下の書類の提出で在籍と判断する場合もある。

  • 社会保険証(健康保険証)
  • 給与明細(源泉徴収票)
  • 社員証
  • 収入証明

これらの内容から在籍が確認されれば電話での在籍確認なしでカードを発行してくれる。

point
在籍確認が済む前にお金を引き出すことが出来るのか?
また、土日の申し込みで会社が休日の場合にもこれらの書面提出によって、在籍確認として扱ってくれる場合もある。

この方法以外にもとりあえず10万円など低い限度額に設定してカードを発行し、後日在籍確認がとれた後に限度額をアップさせるということもある。

いずれにしても、申込者への電話連絡の際に、どういう手続きで在籍確認を行えばよいかしっかりと相談すると良いだろう。

これらの方法は一概に決まっているわけではなく、申込者の職業や申し込み内容、電話応答の内容で変わってくると考えてよいだろう。

収入証明が必要な場合も

通常の申し込みでは必要ないが、以下の条件に該当する方は貸金業法により以下の書類のいずれか一点が必要になる。

収入証明書による年収確認が必要なケース

  • アコムでの利用限度額が50万円を超える場合
  • アコムの利用限度額と他社の借り入れ合計額が100万円を越える場合
  • 提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

提出書類を以下の1点提出

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1ヶ月)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度)
    所得証明書(最新年度)

発行スピード

最短で即日発行される。これは土日や祝日であっても同じなので、急いでいる場合はすぐに受け取ることが出来る。
但し、当日の受け取りを希望する場合には、郵送ではなく全国のむじんくんやアコムの店頭窓口などで受け取る必要がある。

三菱東京UFJ銀行の一部の店舗でもカードローン発行されているが、アコムマスターカードの発行は行っていないので注意しよう。

カードを受け取る方法と場所

アコムマスターカードは以下の方法で受け取ることが出来る。

・ACマスターカード(カードローン付き)
むじんくん(自動契約機)※即時発行 
郵送

・ACマスターカード(ショッピング専用)
郵送

即日発行可能な店舗は限られているので、事前に対応しているむじんくんを確認した方がよい。
郵送の場合は契約から1週間程度で送られてくる。

ショッピング専用カードは即日発行では受け取れないので、どうしても即日である必要がある場合にはカードローン付きを選択すると良いだろう。

point
当日中にカードを受け取るには何時までに申し込めばよいか。
まずはインターネットや電話での申し込みを行い、簡易審査を経て契約、カード発行という流れになる。

最短30分で契約が完了するのがウリとなっている。むじんくんの営業時間は8:00~22:00までとなっているので、それに間に合うように申し込むとよい。

契約の余裕を見るならば21:00くらいまでにはインターネットからの申し込みをスタートさせたいところである。

ローンでお金を引き出す場所は?

アコムマスターカードのクレジットカードによるキャッシング(ローン)は以下の場所で引き出すことが出来る。

  • アコム店頭窓口、全国のむじんくん
  • アコムのATM、提携ATM(三菱東京UFJ銀行、セブン銀行などのATM)
  • 楽天銀行への振込み

楽天銀行であれば、24時間365日受け付けており、申し込み完了から数分で振込みが行われる。
提携ATMを利用する場合、以下の手数料がかかるので注意しよう。

キャッシング、返済金額 手数料
1万円未満 108円
1万円以上 216円

返済方法について

アコムのクレジットカードでショッピング、又はキャッシングを利用した場合の支払方法は原則としてリボルビング方式(通称リボ払い)での返済となる。リボ払いは毎回決められた料金だけを支払う方式のこと。残高に対して、利息が発生し、毎回の支払の中から元金と金利が支払われる。

またリボ払いの方法は

  • 35日払い
  • 毎月指定期日払い

の2種類の方法が選べる。

35日払いでは、前回の支払日から35日の支払となり、毎月固定の支払日よりも期間が長いので余裕を持った返済を行うことが出来る。

毎月指定期日払いでは、カード利用者が指定した期日に毎月引き落とす方法となる。但し口座振替の返済方法の場合は毎月6日が返済日となる。

通常は銀行口座からの引き落としから振込み用紙での支払いとなる。

一括返済

通常はリボ払いの支払方法となるが、自主的に一括で支払うこともできる。利息は1日ごとに発生しているので、早く返せば返すほど利息を減らすことが出来る。

例えば残高10万円、利率が18.0%だとすると1日あたりの利息は約50円となる。(1ヶ月間の利息は1500円)

お金に余裕があるタイミングで出来るだけ前倒しで支払うように心がけよう。

返済場所について

振込みによる返済を行う場合には以下のような各種ATMで受け付けている。

  • アコムのATM、提携ATM(三菱東京UFJ銀行、セブン銀行などのATM)
  • インターネットバンキング(手数料無料)
  • 振込み用紙による支払
  • 口座振替による支払

但し。提携ATMでキャッシング、又は返済を行うと手数料がかかるので、出来るだけ提携ATM以外の方法を活用したほうが得策だろう。

キャッシング、
返済金額
手数料
1万円未満 108円
1万円以上 216円

アコムマスターカードを利用する影響は?

住宅ローンに影響があるのか?

アコムのクレジットカードを持っているという事実は信用情報機関に登録されている。そのため、アコムマスターカードを持っているという事実自体を隠す事は出来ない。

アコムを使ったことがあるという事実だけで住宅ローン審査の評価が下がるかどうかは、どのような住宅ローンを組むかにもよると思うが、特に延滞などの情報がなければ問題になることはないだろう。

アコムマスターカードに限らず一般のクレジットカードにも言えることであるが、支払遅延の事故情報や借入額が大きい場合には住宅ローンの借り入れに影響がある可能性はある。しかし、これはアコムに限った話ではないだろう。

通常のクレジットカードと同じなのか?

他のクレジットカードと比べてもほとんど遜色はない。但しアコムマスターカードは他のクレジットカードについているようなポイント還元や海外保険などのサービスは付帯していない。

もし余裕があるのであれば、サービスが充実したクレジットカードを持つとよいだろう。

利用明細が家族にばれないか心配です。

申し込み時に「WEBで明細を確認する」と設定しておけば、明細書が送られてくることはない。また、申し込み時に自宅に電話がかかってきた場合には、アコムという会社名は名乗らずに個人名で名乗るので、アコムでカードを作ったことを完全に隠し通して持つことも出来る。

アコムマスターカードの口コミ・評判

  • ショッピングの利用限度額が300万と高額なので、大抵の買い物に利用出来るので便利です。スーパーなどの商店でも利用することが出来て普段の買い物に1枚財布に入れておくだけで重宝します。カードの発行も即日発行してくれました。
  • カードの使い方に柔軟性があるのが便利ですね。今はキャッシングもできてクレジット機能も兼ね備えるカードは他にはなくなってしまいました。デザインが安っぽい感じではなくちゃんとマスターカードなのも嬉しいところです。
  • 見た目がマスターカードにしか見えないという点です。一見すると消費者金融のカードに見えないので持ちやすく使いやすいです。
    一括払いにすれば金利も取られないし、近くのコンビニで簡単に支払えるのが便利で気に入っています。
  • キャッシングカードと一体化しているために、困った時はお金を借りる媒体として利用出来るのも助かります。持っているだけで多くの場面で使えることが嬉しいです。
  • 率直な感想が、審査に通りやすいという点で非常に良いと思います。アコムさんのホームページでも公開されてますが、他のクレジットカード会社とは審査基準が異なるので通りやすいです。
  • 海外での利用の際には、別途で手続きが必要なので、忘れて海外に行ってから気がついたことがありました。カードでの犯罪も多いと聞きますが、そのまま、手続きなしで海外で使えた方が楽なので、手続きをもっと簡単にして欲しいと思っています。
    ※海外でのキャッシングの手続きは2010年6月17日以前にご契約のお客さまが対象。
  • 使い勝手は他のクレジットカードと遜色ありませんが、これだけ宣伝しているとカードデザインでアコムを利用しているのがバレないか?心配します。どうしても消費者金融のイメージが強い為、このカードで支払いするのが恥ずかしい時があります。
  • せっかく買い物してもポイントがまったく付かないのはもったいない感じがします。ETCのサービスなども対象外になるので、もう少しプラスαの機能がついていればと思います。
<<発行可能か事前にスピードチェック>>
まずは3秒診断

<<詳細・お申込みはこちら>>
今すぐお申し込み

Pocket